サラリーマンが副業に使える時間と効率的な時間配分方法を検証

近年、サラリーマンの「副業解禁」が話題となっていますが、副業を促進している企業は未だ半数以下で中には副業・兼業を許可したものの、一旦停止している企業もあると言います。

認められない理由には多くの意見がありますが、その中で大きな課題となっているのが時間の配分です。

副業や兼業を行う事で本業へかける時間が少なくなったり、体力的な問題を起こしたり精神的に崩れてしまったりしないか…という課題があります。

そこで今回は「サラリーマンが副業に使える時間と使い方」と題して実際にサラリーマンが副業に使える時間と使い方を詳しく解析していきます。

今から副業を考えている方や、現在副業と本業の両立について考えている方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

1.サラリーマンの時間割

サラリーマンの一日の流れと、副業を行える時間帯を大まかに書いてみました。

職種によって差はありますが、参考にしていただければと思います。

  • 出勤→ 6:00〜8:00
  • 業務→ 〜12:00
  • 昼休憩→12:00~13:00
  • 業務→ 13:00〜17:00

基本的に残業が無く定時で上がれる場合は業務終了後に副業を行う時間が取れるでしょう。

土曜日や日曜日などの休日に副業を行うも可能です。

副業と言っても職種が色々ありますのでスタイルによって出来る時間帯は変わってくるでしょう。

場所を選ばない副業であればカフェや自宅でも出来ますが、ショップ店員など場所が限られる副業では体力的な事を考えると休日の方が時間が取りやすいでしょう。

以下では、副業を行った場合の一日の流れを時間割りにしてみました。

【場所を選ばない副業】

*ライター、投資などパソコンがあれば出来るようなものを対象とする

  • 出勤→ 6:00~8:00
  • 業務→ ~12:00
  • 昼休憩→12:00~13:00
  • 業務→ 13:00~17:00
  • 自宅やカフェなどで副業→18:00〜23:00

休日に副業を行う際は時間の自己管理が重要です。

休日でも副業に時間をかけていると休む時間がなくなります。

【場所を選ぶ副業】

*アルバイト、ショップ店員など場所が限られるような副業

  • 出勤→ 6:00~8:00
  • 業務→ ~12:00
  • 昼休憩→12:00~13:00
  • 業務→ 13:00~17:00
  • 副業出勤→19:00~22:00

この他に休日に副業を行う場合は、現状で丸々一日取れる休日が無という事になります。

2.各副業は1日どれくらい時間がかかって平均いくら稼げるのか?

◆仮想通貨

  • 一日にかかる労働時間「5分~」
  • 平均収入「投資額の0倍~10倍」

内容:仮想通貨で稼ぐ仕組みを簡単に例えると、外国為替証拠金取引(通称FX)と同じような感覚で、仮想通貨を購入して高く売ることで利益を得るというものです。

収入は1年で1億円以上稼げるもいれば、全く稼げず激しい値動きのため大損してしまう人もいます。

ハイリスクな副業ではありますが、正しい知識を得て正しく運用すれば高収入に繋がるでしょう。(→FXと仮想通貨売買初心者に向いているのは?初心者が見落としがちなこと

◆ネットオークション

  • 一日にかかる労働時間「2時間〜」
  • 平均収入「一商品100円〜数万円」

内容:ネットオークションは、インターネット上で

  • ブランド品
  • 時計
  • 雑貨

などの自分が持っているもので不要になった商品を販売する事です。

他には、

  • アイドルグッズ
  • 骨董品
  • 家電

など売りに出せる商品の種類は様々です。

売れる価値は、1個100円に満たないものから1個1万円以上の値がつくものなどピンキリです。(→フリマアプリ「メルカリ」とは?初心者でも売れる・稼げる理由

オークションに出す為の準備は、ページに商品を登録し高い値が付いたら売りに出すと言うものですが、

売れるまで放置しているのではなく管理して売れたら梱包し、買い手に発送するまでしっかりと責任を持つ事が必要です。

スムーズに進んだとしても2時間はかかるでしょう。もし良い値段で売れない場合は何日もその商品の収入は0円です。

◆クラウドソーシング

  • 一日にかかる労働時間「30分〜何時間でも」
  • 平均収入「単価200円〜30,000円など」

内容:近年急激に広まった在宅ワークです。

パソコンやスマートフォンをもっていれば誰でも始める事が出来、初心者でも経験を積めば高収入に繋がる職種も多く存在します。

人気な職種は、

  • ライティング
  • アプリ作成
  • ホームページ作成
  • イラストデザイン
  • データ入力
  • 翻訳

などです。(→サラリーマンの副業にぴったり!初心者でもできるWEBライターとは?

専門的な知識を要するものや資格が必須な案件もあるため、資格や知識を生かしたい人にもおすすめす。

しかし、初心者の場合は慣れるまでに時間がかかり労働時間に比べると割りに合わない収入になってしまう事もあります。

◆ブログ運営

  • 一日にかかる労働時間「1記事1時間程度」
  • 平均収入「2,000円〜50万円」

内容:ブログのサイトを立ち上げて自分の好きなジャンルや趣味などを書いてアクセスを増やして、広告収入をえる仕事です。

初心者でも内容が面白いとアクセスが増えたり、専門的な知識で役に立つ内容などだとアクセス数が伸びるでしょう。

自分の趣味や興味を生かせる副業です。

広告収入とは、そのブログに貼ってある広告がクリックされたりその広告を利用(商品購入など)されたりすると、広告の何割かが自分の収入となるという仕組みです。

◆アフェリエイト

  • 一日にかかる労働時間「1ブログ1時間〜」
  • 平均収入「1商品辺り100円~6万円以上」

内容:ブログ管理と似たような副業で、自分のブログやwebサイトなどに企業広告を掲載して、その広告を使って商品が購入されると収入の何割かが自分の報酬となるものです。

ブログと違う点は、自分の好きな事を書くのではなくその広告の商品を紹介するブログを書くという事です。(→サラリーマンでも出来る副業「アフィリエイト」とは?

商品をいかに魅力的にアピールするかで収入に繋げます。

文章を書く事が好きな人にはオススメの副業ですが確実な収入に繋がるまで時間がかかる事や継続してブログを投稿する必要がある事から、毎日コツコツと出来る人にオススメです。

アフェリエイトで取り扱える主な商品やサービスは、

  • 健康食品
  • 化粧品
  • 情報商材
  • 保険

などです。

サービスとなると少なからず専門的な知識が必要になってくるでしょう。

◆家事代行サービス

  • 一日にかかる労働時間「1時間〜3時間」
  • 平均収入「時給1,000円〜2,000円程度」

内容:掃除や洗濯、料理、買い物などの家庭的な家事を依頼者の代わりに行う副業です。

他には、

  • パーティの準備
  • 靴磨き
  • 郵便受け取り

などの代行もあります。

代行会社によってシステムは様々ですが、シフト制や固定勤務制などアルバイトのような感覚で行える副です。

ただ、郵便受け取りの副業で法に反する物品を受け取り・発送してしまい犯罪に巻き込まれるケースも存在するので、この副業を始めるには事前にリサーチをしっかり行うことが必須です。

◆ショップ定員

  • 一日にかかる労働時間「1時間~3時間」
  • 平均収入「時給1,000円~2,000円程度」

内容:上記でもご紹介した家事代行サービスも似たような形式ですが、学生さんや主婦の方々と混じってアルバイトのようなイメージで行う副業です。

決まった時間に空きが取れる人ややりたい事がある人などにはおすすめです。

本業以外での知り合いが出来るというメリットもあります。

しかし、0から覚える事が沢山あるため心に余裕が無い時はキツいかもしれません。

3.お金を稼ぐだけでは幸せにはなれない!

副業の職種について紹介してきましたが、副業を行えば行っていない時に比べると確実に「収入」は増えるでしょう。

しかし、本業と副業という2つの仕事を両立させる事は決して簡単では無い事は明確です。

近年、日本では社員への副業を推奨し始めている企業は増えつつありますが、反して問題も露になっています。

その問題の一つが「精神面の不安定」です。

副業を始める理由がもし単に収入を増やしたいから…なのであれば、その精神面の問題が降りかかる確立が高いと思われます。

もし現在、収入の為に副業を行っている人がいたら今一度、ご自分の精神面と向き合ってみてはいかがでしょうか?

以下のような状態に陥ってはいませんか?

  1. 好きな副業をやっていない
  2. 副業が原因で家族や友人との時間が取れない
  3. 収入を増やす事だけが目標になっていて、それ以外の目的が見えてこない

もし上記のような状態になっているのでしたら、以下のように改善してみてはいかがでしょうか?

  • 好きな副業にチェンジする
  • 副業の時間を少しだけ減らして休みを取る
  • 他に目的を作る(欲しいものを購入する、旅行のためなど)

つまり、副業をする上で大切なのは、

家族との時間や個人の時間を大切にしつつ、やりたい副業をして収入を増やす

ということでしょう。(→サラリーマンが副業と本業のバランスを取る心得

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本における副業への見方は良い方向に変わってきている事は事実ですが、実際に副業を行う自分はどんな事を目的として副業に取り組むのでしょうか?

目的を明確にしながら行う事で精神的な問題を引き起こさない事にも繋がり、尚かつ本業とのバランスを取りながら行えるでしょう。

目的が明確になると、自分が副業に使える時間も明確になり職種も選びやすくなるのではないでしょうか?

既に行っている人は今一度、自分のスタイルに合った副業かを確認してみてください。

そしてこれから始めたい!と思っている人は目的を持って副業を行う事をオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

末吉謙佑

株式会社ESPRIM 代表取締役 千葉県千葉市出身 大学卒業後に証券会社に入社 株式運用部門にてディーラーとして活躍 在職中に副業で、海外不動産投資を開始 会社員時代は、パワハラやみなし残業など理不尽な環境での激務に耐え、入社3年目に独立 現在、株式運用、海外不動産投資、アパレル事業、サプリメント事業を展開 会社に依存せず、副業を通して金銭面だけでなく時間的にも豊かな生活を送れる人を増やすための活動実施