サラリーマンの副業にぴったり!初心者でもできるWEBライターとは?

  • もうちょっと飲みに行く回数増やしたいな
  • ランチでいいもの食べたいな

そんな風に考えているサラリーマンの皆さまの中には「副業をしよう」と考えていらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、

  • 会社は副業を禁止している
  • 奥さんや子供がいるのでダブルワークは難しい

という場合もあるでしょう。

副収入が得られるような特殊が技能があればなあ・・・という方にお伝えしたいのが、WEBライターという仕事です。

このページではWEBライターについてお伝えいたします。→サラリーマンがすぐに始められる簡単副業10選&節約術20選

WEBライターとは

WEBライターとは、WEBコンテンツを必要としている方からの依頼を受けて、WEBコンテンツの作成を請け負うライターのことをいいます。

どんな仕事か

WEBライターは、自分のWEBに掲載するコンテンツのライティングを行います。

ブログ・コラムといったものがほとんどですが、インタビュー取材やニュース、WEBに関係あるものとしてメールマガジンやランディングページのコピーライティングといったものを代行することもあります。

初心者でもできるのか

WEBコンテンツの中には、法律に関する知識や、株式投資や不動産投資などマネーに関する知識など、高度に専門的なものが要求されるものがあります。

しかし、中にはグルメや旅行といった身近な生活に関する知識や、恋愛や音楽といった好きであればだれでもできるようなものもあるので、内容を選べば初心者でもできるものがあります。

どうやってWEBライターになれるのか

WEBライターになるためにはどのような活動が必要でしょうか。

一つは、WEBライターを募集しているサイトで直接募集をしている事があるので応募をします。

検索エンジンで「WEBライター 募集」という言葉で調べたり、「WEBライター 募集 (自分の好きな分野)」などで検索すると良いでしょう。

しかし、上記のようなサイトではライターとしての経験や過去の作品例(ポートフォリオ)の提出を要求される事も多くあります。

そのような経験や作品がないWEBライター見習いにお勧めなのが、CrowdWorksBizseekといったクラウドソーシングサービスに登録して、ライティングの募集に応募する事です。

スキルがなくても初められるものもたくさんあり、しっかり経験を積むことができます。

では、初心者向けにはどのような募集があるでしょうか?

初心者向け募集にはこんな案件がある

ライフスタイルに関するWEBライター募集

たとえば同じ世代の女性に対してライフスタイル(衣食住など)に関する情報を発信するメディアなどでは、

  • ファッション
  • 恋愛
  • デート
  • ランチ

などといった身近な話題についてのライティングをする事ができます。

マネーに関するWEBライター募集

たとえば、当サイトのように副業や節約術といったマネーについてのWEBメディアにおいては、サラリーマンとしての経験や知識をライターとしての副業にも役立てることができるんです。

マネーに関する知識が深ければ独自の観点での記事を書くことができ、読者にとって情報豊かな記事をクライアントに提出することができるので、次回の依頼を期待することができます。

では、WEBライターとして仕事をするにあたって必要とされるのはどのような事項でしょうか。






WEBライターとして仕事をする場合に必要とされるスキル

納期を守る

まずはじめに、納期を守る事です。

個人に発注をする側は通常、一定の期間を定めて、その期間内に記事を作成する事を期待して発注します(例えば週1本)。

この納期が守れないと、依頼者はメディアの運営等ができなくなってしまう事があります。

任された記事についてはきちんと責任をもって納期を守って納品をするようにしましょう。

誤字脱字をしない

当然ですが、誤字脱字をしないことも重要です。

たとえ副業でも人の目に触れる文章を書きますので、文章の上手い下手以前の問題として誤字脱字をしない事は最低限のスキルといえます。

正確な情報を収集する

たとえ経験がなくても、検索をすると様々なライティングに役に立ちそうなコンテンツがある事が多いです。

しかし、インターネットの情報は時折不正確な事があります。

ですので、自分が執筆する事になったライティングに関する必要最小限の知識と、どのように調べれば正確な情報が手に入るか、といった事を把握しておく必要があります。

クライアントとのコミュニケーションを密にする

クライアントとのコミュニケーションを密にすることも、WEBライターのスキルと言って過言ではないでしょう。

クライアントが何をしてほしいか、クライアントが何を求めているかをしっかり把握して、恐れることなく質問をするなどして、双方にスムーズに作業が行えるようなコミュニケーションは必要不可欠といえます。

いまどきWEBライターが利用しているWEBアプリを紹介

WEBライターになると次のようなWEBツールを使うことが多いので、もしWEBライターになりたいという人は押さえておきましょう

チャットツール

WEBライターについては、自宅でやる事が可能ですが、連絡を取り合う手段は必要になります。

そこでビジネスで用いるチャットツールを利用する事があります。

今日ではchatworksslackを利用しているクライアントが多いです。

チャットワーク - 仕事で使えるビジネスチャットツール
チャットワーク – 仕事で使えるビジネスチャットツール
Slack
Slack

スプレッドシート

表計算をするためのEXCELをオンラインで参加できる人が使えるようになるgoogleが提供するアプリである「スプレッドシート」もよく用いられますので使えるようになっておくべきでしょう。

WEBライター初心者の報酬

WEBライターの報酬は、1文字書いた場合にどの程度の金額になるのかで換算します。

たとえば1文字につき0.5円で、1記事2000文字以上というような場合には、1記事完成すれば1000円の報酬を得ることができます。

なお、クラウドソーシングを使っているような場合には、手数料が20%ほど引かれる事になります。

初心者が応募できるようなものですと、1文字につき0.3円~0.5円程度からスタートする事が多いでしょう。

WEBライターの副業報酬を増やすには

もっとWEBライターの報酬を増やしていきたいと思った時には、どのような事をすればよいでしょうか。

文字単価の高い分野についての専門知識を得る・資格をとる

1文字あたりの単価が高い仕事を見つけたら、どのような専門知識が必要であるかをサイトを見たりして確認し、その分野についての専門知識を得ます。

たとえば、自分は法学部出身で法律系のライティングができそうな場合には、行政書士やビジネス実務法務検定2級などの資格を取ることもよいでしょう。

単価の高いものでいうと、株式投資や不動産投資などの知識を要求されるマネー系も人気ですので、ファイナンシャルプランナーの資格を取得する事も有効です。

ライティングに関する技能を磨く

専門知識とともに、ライティングに関する技能を身につける事も役だちます。

Webライティング技能資格というものがあり、WEBライターに要求されるライティングに関する知識を得ることができ、かつ合格をすればWEBライターとしての素質がある事を示すことができるものなのでチャレンジしてみる事もよいでしょう。

実績代わりに自身のブログを書く

仕事に応募する際には、過去に執筆したもの又はそのURLについて求められることがあります。

毎回毎回記事を書き起こすのは大変です。

ですので、簡単な記事をブログに書くなどして、いつでも文章を見てもらえるようにしておきましょう。

WEBライターと税金

WEBライターは個人事業です。

ですので、年間20万円を超える収入を得るような場合には確定申告を行わなければならい事を理解しておきましょう。

きちんと申告をしていれば、青色申告する場合の控除など、税金面での優遇を受けられる場合があります。

まとめ

このページでは、副業でも初心者でもできるWEBライターという仕事についてお伝えしてまいりました。

初心者が副業感覚から始められるものですので、是非チャレンジしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。