脱サラ成功の秘訣はあるのか?脱サラ成功率12%の闇に迫る


脱サラして自由に生きていきたい…とサラリーマンなら一度は誰もが思うことでしょう。

  • 今の生活に満足していない
  • 夢を諦められない
  • 会社組織に嫌気が差した

など理由はさまざまかと思います。

しかし脱サラを決意してもなかなか実行できない人は少なくないと思います。

そこで今回は、脱サラするメリットやデメリット、脱サラ起業のサポートについてご紹介します。

サラリーマンが退職を決意する時【仕事を辞める理由ランキング】

脱サラすることのメリット

➤好きなことができる

もちろん、サラリーマンでも好きなことができる時間はあるでしょう。

しかし、仕事に時間を取られて自分を見失い、何で毎日働いているのだろうと悩んでしまうこともあると思います。

もし本気でやりたい仕事や挑戦してみたい事があるのであれば脱サラをおすすめします。

やらないで後悔するよりも挑戦してみた方が良いのではないでしょうか。

➤時間や場所が自由に使える

時間も会社も人間関係も自分で管理ができるため、あらゆる束縛から解放されます。

特に時間や場所に対してはサラリーマン時代と大きく変わるでしょう。

好きな時間に好きな場所で伸び伸びと仕事ができます。

そして、ミーティングなど外の人とのセッティングも自分で決められるので、

しっかりと管理すれば体力的にも精神的にも無理のないスケジュールを組む事ができます。

➤収入を増やす事ができる

サラリーマン時代との大きな違いが「収入」でしょう。

脱サラして独立すれば頑張り次第で収入をどこまでも増やす事ができます。

頑張った分だけ収入となって戻ってくる事を実感できます。

脱サラして自分で稼ぐ力をどんどんつけて収入を上げましょう。

脱サラすることのデメリット

➤収入が安定するまでに時間がかかる

脱サラしてすぐには収入は安定しないでしょう。

プラスになるどころか貯金が減っていく覚悟で脱サラをした方が良いです。

そのため独立してからの最初の壁は「収入安定」です。

ここを乗り越えるまでは本当に大変ですし並々ならぬ努力が必要です。

そこに立ち向かう事ができるのかで、一生脱サラのままで生きていけるのかが見えてきます。

収入を安定させるために毎日徹夜して仕込みのために寝る時間を削り、人脈作りのためにたくさん飲み会に参加する。

そんな生活スタイルをイメージしてみてください。

体力面だけでなく精神面でも諦めない気持ちを常に持っていないとあっという間に崩れてしまいます。

精神面も体力面もパワフルでないと脱サラは出来ないでしょう。

➤全て自己責任になる

脱サラして夢に向かって動くためには、

  • 方向性
  • 知識
  • 財務処理などの勉強
  • 稼ぐための仕事

などやる事はたくさんありますが、それらすべて自分一人でやらなくてはなりません。

誰も助けてくれないのです。

脱サラして独立の世界に入り込むと生存競争の日々です。

同じ仲間だと思っていた人でも自分が弱れば一気にすべて取られてしまいます。

常に一匹狼として生きていく覚悟が必要です。

➤サラリーマン時代の友人と疎遠になる

サラリーマン時代が長い人ほど今までいた世界や友人関係が落ち着くことでしょう。

しかし、脱サラしてしまうとその落ち着く関係は一気に消えてしまいます。

  • 理由としては住む世界が変わると話が合わなくなる
  • 生活スタイルが変わるので時間が合わなくなり連絡が途絶える

などでしょう。

そして、脱サラして独立することに対して理解を示さない人もいますので、脱サラして失敗しても前とは同じ場所に戻れないことを覚悟してください。

➤就労時間が増える

サラリーマン時代よりも断然就労時間は増えます。

いくら自由に時間が使えるといっても、自由に使える時間=仕事の時間と思ってみた方がいいのです。

  • 時間ができたら仕事する!
  • 暇を作らない!

というのが独立して成功する人の生活スタイルです。

特に脱サラして3~4年は寝る間も惜しんで仕事をします。

将来的に安定して生活を送れるようになるまで遊べないと思ってください。

メリットとして時間が出来るとありましたが、それは裏を返せば「怠ける確率も高くなる」ということです。

怠けたくなる気持ちを我慢して必死に仕事に取り組むことこそが、脱サラに成功するカギと言えるでしょう。

副業落伍者多発!?副業で失敗する人の特徴と失敗しないコツとは?

脱サラ成功率12%の闇とは?

脱サラはデメリットが多いことから分かるように成功率が低いと言われます。

その成功率はわずか12%と考えられているくらい難しい事なのです。

例えば脱サラして起業した会社が10年先も存在していられるのか…を考えてください。

もし脱サラで成功して安定した生活を送れるようになっても10年を迎える頃には収入が下がり、不安定な生活になっているということが多いのです。

そうならずに本当に成功しているのは約12%ほど..すぐに成功しても安心はできないのです。

なぜ一度成功しても10年後に失敗に終わってしまうのか、それは知識の少なさや人脈の少なさに理由があると考えられます。

やはり、並々ならぬ努力は必要ということです。

人一倍勉強し、人一倍コネクション作りに尽力して将来に備えることは必要不可欠なのです。

【会社の作り方】設立するなら株式会社と合同会社、どっちが良いの?

脱サラ起業を成功させる秘訣「エンジェル投資家」とは?

そんな成功率が低いとされている脱サラでも、成功させる方法はあります。

知識が少なくて人脈が少なくて脱サラ成功しても10年後に失敗している…

そんな未来を避けるために「エンジェル投資家」という頼れる存在をご紹介します。

脱サラをすると

  • レストラン
  • カフェ
  • ファッションストア
  • 雑貨屋

などの店経営や会社の設立など何らかの形で起業をする人が大半です。

しかし起業するにも簡単に始められる訳ではありません。

企業をするにはそれなりの

  • まとまった資金
  • 人脈
  • 場所

など準備することは沢山あります。

もちろん、地道に0から自力で起業する場合もありますが成功率は下がるでしょう。

起業出来たとしても会社や店を維持することは大変です。

そこで頼りたいのが「エンジェル投資家」です。

エンジェル投資家とは一般的な投資家とは少し違い、エンジェル投資家が投資する相手は主に脱サラして起業する人や企業初心者です。

エンジェル投資家について一言で言ってしまうと、投資をしつつ起業家の精神面や知識面でも助けてくれる人となります。

エンジェル投資家の存在で、初心者で何も起業知識が少なくとも会社経営が出来る世の中になりつつあるのです。

【副業から独立へ】 エンジェル投資家マッチングサイトを徹底比較

エンジェル投資家に頼ることのメリット

➤人脈ができる

エンジェル投資家は起業家としての経験が豊富な人が多いため、起業家としての人脈を紹介してくれます。

自分だけではどうにもならない人脈作りには大いにプラスになってくれるでしょう。

➤投資や起業の知識が増える

エンジェル投資家は自ら投資家としている限り、多くの知識力を身につけないと損をしてしまいます。

そのために知識力は人並み以上です。

投資家と起業家の相性にもよりますが、親身になって知識を教えてくれる投資家も多くいます。

➤二人三脚で起業し、会社を維持できる

頼れる存在になるというのは、起業家である自分も頑張っている誠意を投資家に見せなければなりません。

徐々に信頼が築けるなら、10年以上先も良い関係でいられるでしょう。

二人三脚のような状態で一緒に会社を作ってくれる存在になることもあります。

エンジェル投資家に頼ることの注意点

エンジェル投資家に対する注意点もご紹介します。

➤エンジェル投資家と起業家の距離が近すぎてしまう

利点として二人三脚で会社を作ってくれる存在になると紹介しましたが、

投資家の中には距離が近すぎてまるで会社の内部の人のような状態になって、最終的には会社の利益などにもケチをつけてくる人がいます。

良い関係とはいえ良い距離感を持たないと大変です。

➤エンジェル投資家全員が信頼できるくらいのサポート能力があるとは限らない

エンジェル投資家といっても、彼らの人脈の広さや知識は関係を続けていかないとわかりません。

良いことを言って、蓋を開けたら全く人脈も知識もなかった!というケースもあります。

エンジェル投資家に頼る場合は、自分の見る目を信じて選ぶしかなさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意を決して脱サラしても乗り越えなければならない壁が沢山あることがわかりました。

その反面で良いことも沢山あります。

これから脱サラを考えている人や、脱サラしたばかりの人はぜひ今だけを考えずに10年後も考えながら動いてみましょう。

サラリーマン・OL必読!「朝8時までの習慣で人生は9割変わる」が出版されました

ABOUTこの記事をかいた人

末吉謙佑

株式会社ESPRIM 代表取締役 千葉県千葉市出身 大学卒業後に証券会社に入社 株式運用部門にてディーラーとして活躍 在職中に副業で、海外不動産投資を開始 会社員時代は、パワハラやみなし残業など理不尽な環境での激務に耐え、入社3年目に独立 現在、株式運用、海外不動産投資、アパレル事業、サプリメント事業を展開 会社に依存せず、副業を通して金銭面だけでなく時間的にも豊かな生活を送れる人を増やすための活動実施