【副業から独立へ】 エンジェル投資家マッチングサイトを徹底比較

近年、本業とは別に何らかの理由から副業をして副収入を得ている人が多くなりました。

副業していると、いつかは起業したいと思う人がいるでしょう。

起業は一昔前まで誰でも出来るというイメージは無く、専門的な知識が無いと出来ないものとされてきましたが、近年では初心者でも始めやすい環境になってきています。

しかし、起業するには一般的には初期費用として最低でも500万円程必要と言われているため、十分な財産が無い限り起業することはできません。

副業から独立するとなると尚更、起業前にしっかりと資金調達をしなければならないという事です。

そこで今回ご紹介したいのが、起業する為の初期費用となる資金調達の方法です。

起業する為の資金調達には以下のようないくつかの方法があります。

起業する前に知っておきたい資金調達方法とは?

方法①銀行融資

銀行融資のメリットは、ノンバンクと比べると金利が断然安いと言う事でしょう。

ノンバンクは基本的に銀行から借りたお金を更に高い金利で貸し出しています。

その反面、銀行は直接お金を貸し出している為に金利が抑えられているという事です。

一方銀行融資のデメリットは、審査が難しいという事です。

民間の金融機関に属する銀行は充分に担保がない、保証人が居ないなど信頼できる背景がない人にはとても厳しく簡単に融資を行いません。

 ➤銀行融資を受ける為に必要な準備(信頼を得る為)

  1. 決算書を作る(銀行から借りやすくする為)
  2. 返済財源を明らかにする
  3. 資金の使い道を明らかにする
  4. 税金を滞納しない事
  5. 不動産担保に頼りすぎない事
  6. 誰かの紹介で金融機関に接触する事(初めての場合はここが壁となる事も)
  7. 初めての場合は信用保証協会や日本政策金融公庫などから借りてみる
  8. 消費者金融や商工ローンを避ける事

1:決算書はとても重要な項目です。

銀行は存在する全ての会社に格付けをします。格付けは決算書の評価で決まります。

  • 「収益性」
  • 「安全性」
  • 「成長性」
  • 「債務償還能力」

の4つの視点から評価が付けられます。格付けが「要注意先」や「要管理先」になってしまうと銀行融資を受ける事は出来ません。

2、3:返済財源と資金の使い道を明らかにすることは重要です。

  • 何に使うのか?
  • お金を返せるのか?

を銀行はしっかりと見極めます。

例えば、いくら会社が黒字でもお金が足りなくなりそうだから貸して欲しいという理由では貸してくれません。

4:税金を滞納していては銀行はお金を貸してくれません。

もし滞納しているのであればノンバンク等を使用して一時的に納付する事をオススメします。

7:金融機関に初めて依頼する場合は、誰かの紹介の方が信頼度が上がります。

金融機関を使った事のある知人や税理士事務所などがおすすめです。

方法②親族/友人からの借り入れ

法的な審査、事務的な審査が無いため誰でも借り入れのチャンスがあるというメリットがあります。

金額や返済期限などは相手と相談する事が出来るので銀行融資に比べると断然簡単な方法です。

基本的に友人や知人からの借り入れはその人の好意から成り立ちます。

もちろん無利子ですし、借りる方が損する事がありません。

しかし、しっかりとお互いの間で返済期日を約束してトラブルにならないようにする必要があります。

一定の返済期間を過ぎてもそれが実行されなかった場合は、遅延損害金を要求される場合もあります。

裁判沙汰になり財産を差し押さえられてしまう恐れもあります。

一方デメリットは、万が一の事があると裁判沙汰になりかねず、その人との信頼も失われるということです。

それが家族であっても親しい友人であっても同じです。

お金を失う以上に、仲間や絆を失ってしまい今後の人生において大きな損失、後悔となるでしょう。

方法③エンジェル投資家

エンジェル投資のメリットは、金銭面でのサポート以外に人脈とコネクション面でもサポートしてくれる事や、経験豊富な投資家から知識と起業のノウハウを得る事が出来るなどです。

ただ、親身になって様々なことをサポートしてくれる投資家がいる一方、中には起業したあとの会社経営などにもしつこく首を突っ込んでくる投資家もいます。

一定の距離を保てなくなり企業家と投資の間に問題が起きてしまうケースもあります。

方法④クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、誰でも企業の為に資金を調達できるシステムがメリットです。

不特定多数の人物に自分で設定した小額(数千円~数万円)の資金を募って一定期間までに設定した目標金額に達成すれば、資金を得る事が出来るというものです。

顔見知りではない人にも自分の起業目的を明確にして賛同してくれる人を待ちます。

多数の賛同が得られれば資金は沢山集まります。協力してくれそうな友人が多数いる場合は有利です。

ただ、確実に資金が集まるかどうかは分からないため、気長に挑戦する必要があります。

クラウドファンディングは、起業する目的を明確にする必要もある為プライバシーは緩くなります。

しかし、クラウドファンディングを公にしないと資金は集まりにくいですので、例えば友人や家族に内緒で起業したいと考えている人には不向きでしょう。

自分らしい副業を産み出せる「キャンプファイヤー」の魅力を徹底解説

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、企業家のスタートアップを支援する裕福な投資家(個人投資家)を言います。

起業して間もない企業家は一般的にまず資金調達で壁にぶつかります。

その壁をなんとか乗り越えて苦労をして、実績を残していきます。

しかし、創業時は実績が無いに等しい為に、銀行などの金融機関や、ベンチャーキャピタルの投資を受けにくくなっています。

その時に助け舟となってくれるのが、このエンジェル投資家の人達です。

エンジェル投資家はが扱う金額は、ベンチャーキャピタルや金融機関に比べると少なくなってしまいますが、

金銭面だけを支援するのではなくビジネス面での人脈作りや精神的な面でもサポートしてくれる事が多く、

起業を始めたばかりの企業家にとってはとてもありがたい存在なのです。

エンジェル投資家が先生や先輩のような存在になる企業家も少なくないと言います。

近年ではこのような個人投資家のサポートが一般的になってきており、個人が次世代の企業家を応援するという時代になっているのです。

エンジェル投資家サイト比較

エンジェル投資家を探すには、以下のようなマッチングサイトがあります。

グッドエンジェル

  • 1ヶ月あたりの料金:9,500円
  • 投資家数:2600人
  • 企業家数:7642人
  • 本人認証:携帯電話SMS認証

公式サイト:グッドエンジェル

Founderファウンダー

  • 1ヶ月あたりの料金:9,800円
  • 投資家数:1800人
  • 企業家数:10809人
  • 本人認証:運転免許証、保険証、パスポート

公式サイト:Founderファウンダー

アップルーム

  • 1ヶ月あたりの料金:7,200円
  • 投資家数:130人
  • 企業家数:212人
  • 本人認証:ナシ

公式サイト:アップルーム

資金調達マッチング

  • 1ヶ月あたりの料金:19,980円
  • 投資家数:200人
  • 企業家数:470人
  • 本人認証:ナシ

公式サイト:資金調達マッチング

エンジェル投資総研

  • 1ヶ月あたりの料金:2,400円
  • 投資家数:124人
  • 企業家数:190人
  • 本人認証:ナシ

公式サイト:エンジェル投資総研

まとめ

いかがでしたでしょうか?

副業から独立し、起業を考えている場合まずは起業後も安心して会社経営できるように、十分な資金を調達する必要がある事が分かりました。

しかし、企業を始めたばかりの初心者企業家にはなかなか資金提供をしてくれる人は現れません。

資金集めにはまずクラウドファンディングを利用したり、エンジェル投資家と出会えるマッチングサイトを利用してみましょう。

エンジェル投資家になることは本当にメリットだけなのか?

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。