テレワーク副業にぴったりのライターに求められるスキルとは?

「在宅副業を始めたいけど得意なことがない!」

そのように考える人の多くが、ウェブライターにたどり着きます。

クラウドソーシングサイトでもライティングの依頼は多く、初心者OKの仕事もあるため、始めやすいイメージです。

しかし収入を上げ、稼ぎ続けるライターになるにはクライアントの満足度を上げるスキルが求められます。

テレワークの機会が増え続けているコロナ禍の今。

そこで今回は、在宅副業でクライアントに選ばれるライターになるための必要なスキルを解説します。

ライターをテレワーク副業にするのに必要なライティングスキル

副業でライターを始める人には、ライティングスキルが必要不可欠です。

クライアントの満足を得てリピート率を上げるため、書いて伝える力を身につけましょう。

得た情報を自分の言葉で伝える真の「読解力」

在宅副業のライターに限ったことではありませんが、読解力がライティングスキルの向上には必要です。

「読解力」とは、読んだことを正しく理解し、それを真摯に考え、自分の意見としてわかりやすく伝える力のこと。

単に物事を読み取るだけの力ではありません。

 

「読解力はある」と思われている人でも、実は本来の意味での読解力ではない可能性が高いです。

日本人に足りない力の一つとも言われています。

 

ライターに求められるのは真実を伝えること。

でもすべてのことを初めから理解している人などいません。

知らないことは、いろいろなツールやサイトを利用して調べる必要があります。

 

その調べた内容を理解し、自分の意見を伝えることができなければ、ライティングスキルは上がりません。

誤った情報を載せ、副業として収入を得るわけにはいかないのです。

 

  • 「読解力なんて小学校の国語で習った」
  • 「テストの点は良かったから大丈夫」

と簡単にとらえている人は、考えを改める必要があるかもしれません。

読解力は学校でのテストの成績だけではかれる力ではありません。

 

本を読み、要約の練習をしてスキルアップを目指しましょう。

 

見えない相手を意識した「理解力」と「文章力」

学校の成績は良いのに教えるのが下手な人を見たことがありませんか?

教えるのが下手な人は、相手が何を分かっていないかを理解していないからです。

 

また、言葉では説明はできても、文章にすると伝わらない人もいます。

第三者からの理解を勝ち得るための文章力が足りてないからです。

 

テレワークが増えてきましたが、メールで伝えるより電話の方が早いと感じている人もいます。

文章で伝えるのは面倒と感じる人の方が多いのかもしれません。

 

ただ、テレワーク副業では見えない相手とのメッセージでのやり取りが一般的です。

そのため難易度が上がります。

 

まずは、副業でライターを始めるときに、この文章を誰に伝えたいのかを考えましょう。

イメージした人が読みやすい文章なのかを考えます。

 

専門的な言葉を乱用して伝わるでしょうか?

イメージした相手が初心者ならば、専門用語を乱用しては伝わりません。

 

リピート率を上げるには、見えない読み手に文章で伝えるスキルが必要です。

まずは相手のことを考えて書くことから始めてみましょう。

具体的な内容に触れることでぐっと伝わりやすくなりますよ。

 

リピート率を上げるために必要なSEOスキル

クライアントにリピーターになってもらうには、SEOスキルが必要です。

テレワークでのライター副業は、紙媒体のライティングではありません。

ネットで検索されるような記事を納品しなければリピート率が下がります。

 

選ばれるライターになるためにも、SEOスキルのアップを目指しましょう。

ただ、SEOは奥が深く、その基準は変更されることが多々あるので注意が必要です。

キーワードを意識してタイトルと文章内に組み込む

クライアントからの依頼内容にキーワードの指定がありますか?

キーワードを指定しないクライアントもいます。

その場合は、SEOを意識したキーワード探しからスタートする必要があります。

 

副業を始めたばかりの人は、キーワードの指定があるライティング依頼から受けることをおすすめします。

 

SEO対策をあげるとキリがありません。

あれもこれもと増えてきて、何が正しくて間違いなのか見間違うこともあります。

それほど情報が錯綜しているのです。

 

ただ、クライアントに求められているキーワードはできるだけ文章内に自然に散りばめましょう。

また、キーワードの類義語も記事内に散りばめることも大切です。

 

コピペ率チェックはライター自ら確認する

クライアントに提出する前に、作成した記事のコピペチェックを忘れないようにしましょう。

クライアントの中にはコピペチェックを仕事依頼の内容に含めていない人もいます。

 

ただ、ライターであるあなた自身が「コピペなどしていない」と思っていても、これだけネット上でサイトが溢れているのです。

指定されたキーワードで記事を作成すれば、内容が他社のブログに似てくることもあり得ます。

 

コピペ率が高いと検索順位が下がる可能性が非常に高いです。

検索エンジンは、検索をした人が必要としている情報を載せたサイトの順位をあげます。

コピペ率が高いということは、その情報はすでにネット上にあるということ、必要のない情報と検索エンジンに判断されてしまいます。

 

クライアントの指示がないからコピペチェックをしない、そんなライターはいつまで経っても三流ライターのままでしょう。

 

SEO対策の一環として、クライアントに納品する前に必ずライター自らコピペチェックを行いましょう。

 

テレワークでも社会人としてのスキルは必須

副業だからマナーは必要ない、仕事の募集は他にもあるから対応は適当でもいいと安易に考えている人は、ウェブライターに向いていません。

テレワークが主流となっている今だからこそ、ネット上でも社会人としてのスキルが求められています。

社会人としての責任感とマナースキル

副業で行うライターの仕事で実際に人と会うことは滅多にありません。

テレワークのため、ネット上ですべてが完結します。

 

「副業だし、実際に会うわけではないからマナーなんて適当でいいのでは?」

と考えているのならば、それは大きな間違いです。

 

副業とは言え、すべての案件ではお金が行き来します。

金銭のやり取りがある以上、これは立派な「仕事」です。

つまり、社会人としてのマナーと礼儀を欠かしてはいけないのです。

むしろ、見えない相手とのやり取りならば、より一層マナーの有無がものを言います。

 

  • 態度の悪い人
  • 対応に何となくイラっとさせられる人
  • 理由なく連絡が途切れる人
  • 納品が遅延する人

このような人に次回も仕事を依頼したいと思うクライアントはいるでしょうか。

 

クライアントからのリピート率を上げるためには、社会人としての責任とマナースキルによって、クライアントとの信頼関係を築きましょう。

最低限のパソコンスキル

在宅で行うライターの副業には必要最低限のパソコンスキルが必要です。

本業で普段からパソコンを利用している人ならば問題ありませんが、あまり触らない人もいます。

 

また、スマホで行うこともできますが、ライティングの仕事が限られることや、パソコンよりも手間がかかるなど、おすすめはできません。

 

必要最低限のパソコンスキルは身に付けておきましょう。

検索をしながら仕事を進めていくので、納期に余裕のあるライティングを選ぶようにしましょう。

 

選ばれるためのプレゼンテーションスキル

ライターの副業募集はたくさんありますが、単価の良い仕事は多くのライターからの応募が集中します。

そこで選ばれるためにはプレゼンテーションスキルが必要です。

たとえば、

  • 自分がいかにこの案件に向いている人材なのか
  • 自分はこの案件に対してどれほどのものを注ぎ込むことができるのか

など、自分を売り込み、クライアントに選ばれるためのプレゼンテーションを行いましょう。

 

プロフィールで予め自分の「売り」を紹介しておくことに加え、クライアントにもその案件に対する「熱」を伝えましょう。

ライターに求められるスキル【まとめ】

 

今回は、在宅副業のライターに求められるスキルを解説しました。

まとめると以下のようになります。

  • ウェブライティングスキル
  • 最低限のSEOスキル
  • 社会人としてのマナースキル

ライティングの仕事は誰でも簡単に始められます。

しかし副業として稼ぎ続けることができず、断念する人も多いジャンルです。

ライターをテレワーク副業にして稼ぎ続けたいのならば、クライアントからの満足度とリピート率を上げるためのスキルを向上させ続けましょう。