【デキる社会人の習い事ランキング】習い事にかける平均費用は?

社会人の習い事に関する関心が近年高まる傾向にあります。

社会人が無趣味で仕事一筋で良かったのは過去の話。

会社をリタイヤした後20年から40年の余生があるとなると、趣味で繋がる友人の有無で人生の充実度が変わります。

また、そんな長いスパンでなくても、休日やスキマ時間を利用して自分の能力を磨いたり、

習い事を通じて職場以外での人脈を築くなど、習い事に関するサラリーマンの意見は様々です。

そこでこの記事では、そんなサラリーマンの習い事に関する費用や人気のある習い事などをランキング形式で紹介します。

サラリーマンのお小遣いの現状【効率よく増やす?地道に増やす?】

社会人の習い事の事情

終身雇用制が崩壊しライフワークバランスが叫ばれるなど、働き方が大きく激変する中で、

日本のサラリーマンのライフスタイルも仕事重視からプライベート重視にシフトしています。

調査によると、社会人の4人に1人は何らかの習い事をしていると回答していて、こちらは増加傾向にあるようです。

では、習い事を始めている社会人が増えている理由や、目的、予算などの具体的な実態はどうなっているのでしょうか?

男性社会人はなぜ習い事をするのか?

サラリーマンが習い事をするきっかけとしては、

  • 新しい趣味を探す
  • 会社以外での人脈をつくる
  • 自分のスキルアップをして昇進に繋げる

など様々な理由が考えられます。

習い事の目的について男性で一番多いのは、ケイコとマナブ.net2017年調べ(20歳から34歳までの社会人男性)ランキングでは以下のようになっています。

  1. 現在の仕事のため 43.1%
  2. 教養知識を深める 26.1%
  3. 将来に備えるため 25.3%
  4. 就職転職のため 23%
  5. プライベート充実 18.3%
  6. ストレス発散のため 15.8%
  7. 好きな事に没頭したい 12%

こうしてみると、サラリーマン男性が習い事を始める理由の40%以上を占めるのは「現在の仕事のため」のようです。

しかしこの数値は近年低下していて、

  • 教養知識を深める
  • 将来に備えるため
  • 就職転職に備える

など、仕事ばかりではない人生の探求や経済状況を反映した生活防衛の理由が増加しています。

また反対に、5位以下では、ストレス発散や好きな事に没頭したい等、辛い仕事の息抜きとして趣味を捉えている層もあります。

女性社会人はなぜ習い事をするのか?

それでは、サラリーマン女性はどんな理由で習い事を始める傾向があるのでしょうか?

前述のケイコとマナブ.net2017年調べ(20歳から34歳までの社会人女性対象)によると、以下のようなランキングになっています。

  1. プライベートを充実させたい 34.4%
  2. ストレス発散・気分転換 32.6%
  3. 教養や知識を深めるため 31.3%
  4. 現在の仕事のため 24.1%
  5. 将来に備えて 21.6%
  6. 好きな事に没頭するため 21.6%
  7. 健康、美容、ダイエット 18.3%

男性と同じように現在の仕事のためと回答した女性も24.1%と一定数存在しますが、それよりも高いのは、

  • プライベートを充実させるため
  • ストレス発散
  • 気分転換
  • 教養知識を深める

など自分磨きの割合が高くなっています。

これは、男性優位の競争社会の中で女性が受けている強いストレスを、趣味によるプライベート充実やストレス発散で乗り越えようという意識が男性よりも強く働いているせいかも知れません。

社会人は習い事にどれだけお金をかける?

昔は習い事と言えば、駅前で英会話教室とか、高い会員費を支払いジムで体を鍛えるとか時間と意欲が必要でした。

しかし現在は、インターネットが普及したおかげで音声どころか、Skypeで家に居ながらにして習い事が出来ます。

習い事のバリエーションは大きく広がりましたが、さて、サラリーマンが習い事に掛ける費用はどの程度なのでしょうか?

男性社会人の月平均は・・・

ケイコとマナブ.net人気おケイコランキングの統計によると、

社会人男性が習い事にかけてもいいと思える出費は、

  • 趣味など気軽に始められる金額が6000円前後
  • ガッツリ究める為に出せる出費は11000円前後
  • 資格取得に気軽に出せる金額だと18,222円
  • 資格取得までに出せる費用は30,000円前後

という数字が出ています。

男性は女性に比較して趣味にかけるお金が多く、逆に仕事や資格取得に掛ける費用は女性より少なくなっています。

女性社会人の月平均は・・・

社会人女性は男性とは対照的に、

  • 仕事や資格取得までに出せる費用が37,716円
  • 仕事や資格取得のために気軽に出せる金額は21,071円
  • 趣味などで気軽に始められる金額は5169円
  • 趣味に掛けられるお金も月で9321円

男性と比べて女性の方が仕事や資格取得に掛ける予算は多いようです。

逆に、趣味などで気軽に始められる金額は5169円と男性より1000円程低く、趣味に掛けられるお金も月で9321円と男性より低めでした。

これでみると、女性は男性より仕事や資格取得にお金を掛ける傾向にあり、趣味については金銭面がシビアなようです。

「男はロマンチスト、女はリアリスト」などと言いますが、この統計を見る限りは当たっていますね。

社会人に人気の習い事ランキング

サラリーマン男女で最も人気のある習い事はなんでしょうか?

それは「英会話」です。

男女共に1位です。

そして、これは若年層ばかりではなくミドルシニア層の男女でも同様の傾向で、すべての世代で英語が一番人気のある習い事です。

【男性編】

20歳から34歳までのサラリーマン男性の習い事ランキングは以下のようでした。

  1. 英語 38%
  2. 簿記 10%
  3. ワードエクセル 8.3%
  4. フィットネスクラブ 7.1%
  5. ファイナンシャルプランナー 6.8%
  6. 宅地建物取引士 6.8%
  7. ゴルフ 6.8%
  8. 中国語 5.4%
  9. SE・プログラマ 5.2%
  10. フランス語 4.6%
  11. テニス 4.4%
  12. 写真・カメラ 4.4%

英会話が1位なのは前述しましたが、

  • 2位は簿記
  • 3位はワードやエクセル
  • 5位はファイナンシャルプランナー

など資格系の習い事が多くランクインしています。

しかし、資格系はここ数年でランキングを落としつつあり

  • 4位にはフィットネス
  • 5位にはゴルフ
  • 8位フランス語
  • 11位テニス、写真カメラ

等、趣味系の習い事が増え、ライフスタイルを重視するプライベートの充実にシフトしています。

【女性編】

では、20歳から34歳までの女性の習い事ランキングなどのようになっているのでしょうか?

  1. 英語 25.3%
  2. ヨガ・ピラティス 20.7%
  3. フィットネスクラブ 8.5%
  4. パン 8.1%
  5. 看護・医療事務 7.9%
  6. お菓子 7.7%
  7. 家庭料理 7.3%
  8. 簿記 7.1%
  9. ピアノ 6.4%
  10. ワード・エクセル 4.2%
  11. ペン字 3.9%
  12. ファイナンシャルプランナー 3.7%
  13. 着付け 3.1%
  14. 中国語 3.1%
  15. 韓国語 3.1%

2016年にランキング1位だったヨガ・ティラピスが2位に落ち、2位だった英語が1位になりました。

女性が仕事の為に英会話を習いはじめたように見えますが、逆に仕事で必要という理由は減少し、教養を高める目的が増加しているようです。

学習方法もスマートフォンやPCの利用が普及し、必要に迫られたというよりも、手軽に学べる環境が整ったので英語学習が増加したと考えられます。

中国語や韓国語等の語学系がランクインしているのもそれを裏付けています。

社会人におすすめの習い事はこれ!

サラリーマンの間では“習い事熱”が高まっている事を解説しました。

その理由や目的は様々ながらプライベートの充実が重視される傾向があります。

では、これから習い事を始めたいと思っている方におすすめしたい習い事をランキングでご紹介します。

❖資格取得系

独学・通信教育で簿記検定二級やFPを学べます。

女性には医療事務、デザイン、ライフスタイルプランナーもおすすめ。

簿記

❖ゴルフ

接待のイメージがありますが、年齢を重ねても楽しめる生涯スポーツの代表です。

近年は女性が習うパターンも増加しています。

ライザップゴルフ

❖写真

写真やカメラにハマる人が男女問わず増加。

スマホと違う本格的な味わいが人気を集めているようです。

しかも、カメラの腕が上達したら副業につなげることもできますよ!

今流行りの「ストックフォトサービス」についてはこちらの記事をご覧ください。

写真好きサラリーマンの副業サイトはこれ!1枚〇〇円で売れる?!

❖プログラミング

2030年には80万人のIT人材が不足する予想、今から学べば即戦力として転職にも有利。

エンジニアスクール

❖ヨガ

特に女性に人気の習い事です。

基本さえ学べば自宅でもゆっくりと出来、息の長い趣味と言えるでしょう。

冷え性、肩こり、便秘、腰痛などの慢性病に効果が高く、デトックス効果も期待できます。

❖英語

前進し続けるグローバル化でサラリーマンにも英語能力は必須な時代です。

増加する外国人観光客とのコミュニケーションツールとしても有効。

60か国の講師陣とマンツーマン!

❖アフィリエイト

個人ブログに公告を貼り付けて、金銭収入を得る事が出来ます。

こまめにブログを運営して、定期的な更新・記事投稿が苦にならない人におすすめ。

効果的なアフィリエイトの方法を習い事で習得しておけば、その後は副業につなげることができます。

習い事でスキルアップして、副収入ゲットを狙いましょう!

サラリーマンでも出来る副業「アフィリエイト」とは?

❖フィットネス

NHKの「筋肉体操」が話題になるほど、世間では「筋肉美」への意識が高まっています。

フィットネスジムでは本格的な減量や肉体改造など、本人の努力次第で効果を期待できます。

パーソナルトレーナー付きの格安のフィットネスもあり、以前よりも利用しやすくなっています。

また、「自分がパーソナルトレーナーになる」ためのユニークな習い事もあるんです。

肉体改造が趣味の方であれば、趣味を将来の転職につなげることができる習い事かと思います!

ASPトレーナースクール入会

❖料理

自炊できると食費を抑えられ健康的な献立作りもできますよね。

料理ができる男性は周囲からのポイントも高くなります。

料理男子は女性に人気なので、料理教室では異性との出会いも期待できるかもしれませんね。

RIZAP COOK

まとめ

サラリーマンの習い事は、男性が仕事のため、女性がプライベートの充実のためという結果が出ました。

しかし、過去五年間では男性の仕事のための%が低下し、趣味のジャンルにも%が伸びてきています。

月々で習い事にかける費用は男性が趣味でかけるお金で女性を上回りましたが、

女性は仕事に役立つ資格においては男性より費用をかける事がわかります。

どちらかと言うと男性は趣味に対しては少し財布の紐が緩く、女性は現実的な資格取得にお金をかける傾向ですね。

令和元年、習い事でスキルアップしませんか?

【検証】海外不動産をAirbnbで運用すると高利回りが狙えるって本当?

ABOUTこの記事をかいた人

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。