写真好きサラリーマンにおすすめの副業!写真販売の始め方を解説

会社でもらっている給料のほかに、自分でお小遣いを稼ぎたいと副業を始めようと考えているサラリーマンもいるのではないでしょうか。

どうせ副業をするなら、自分の好きなことや趣味を生かすことが出来たら嬉しいですよね。

サラリーマンの中には、写真を趣味にしている方も少ないかと思いますが、自分の撮った写真が副業になるのなら、少し興味がわいてきませんか?

そこで今回は、写真販売で稼ぐにはまずどんなことをしたらいいの?という疑問にお答えしていきます。

写真が副業になるシステムとは?

まず、写真がどうやったらお金になるの?ということです。

近年、様々な種類のメディアが発達しています。

  • テレビ
  • ラジオ
  • インターネット
  • 本…

その中でもインターネットは、何か分からないことがあったらサクッと調べられるので、忙しい現代人にとってとても有用なツールとなっています。

調べ物をしていると「まとめサイト」なるものが検索結果に出てくることがありますね。

まとめサイトでは、言葉だけではなく写真やイラストを使ってよりイメージしやすいように工夫されています。

そこで、こんなことを思ったことがある人もいるのではないでしょうか?

「よくこんな適材適所な写真を用意してきたなぁ」

様々な生活の写真を、サイトを書き上げながら自前で用意してくるのは簡単なことではありません。

それで、多くのライターはお金を出して買っているのです。

では、誰から買っているか?

それは、写真を趣味としている普段はサラリーマンとして働いている方たちから買っているんです。

利用者はまとめサイトの運営者だけではありません。

雑誌を手掛ける出版関係者、イラストの参考にするためにイラストレーター、各種ブロガーなどが購入しています。

また、写真をよく使う人たちだけが買っているのではありません。

年賀状に使用するためなどといった、個人のお客さんも当然います。

こうしてみると、お金を出してでも写真を買いたいという需要は意外と多いのです。

そのようなニーズを狙って、写真を副業にする人たちがいるんですね。

写真販売を副業として始める方法

では、写真販売の副業を始めたいけれどまず何をすればいいのか、ということです。

先ほど、写真をお金を出して購入する客層がいることをお話ししました。

じゃあ、写真の売買ってどこでどんな風にやってるの?ということです。

今の時代、インターネットという非常に便利なものがありますからインターネットを通じて売買は行われています。

それに、写真をサイトや雑誌に使うにも、原本で持ってこられては汎用性が低いですからね。

買う側だって、データでほしいと思っている人が大半でしょう。

そして、写真を買いたい人、売りたい人を結びつけるサイトというのが存在します。

そのようなサイトは一つだけではありません。

複数あるので自分が気に入ったものを利用するとよいでしょう。

別の記事でそれらのサイトを紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

写真好きサラリーマンの副業サイトはこれ!1枚〇〇円で売れる?!

では、そのようなサイトがあること、登録するサイトも決めたところまできました。

写真を販売する体制は整いました。

そこから、写真を売るにはどうすればいいのでしょう。

写真販売の審査を通過するためのコツ!

まず、写真を販売するためには売りたい写真をサイトに送って審査してもらいます。

この審査を通過しなければそもそも売りにだすことはできません。

ピントが合っていないなどの技術的な問題で通らないこともあります。

俺は技術的な点では自信があるから心配ない!という声が聞こえてきそうですが、

審査には技術の面だけではなく、肖像権や著作権、社会的にNGと判断されるものが写りこんでいたら通りません。

たとえば、とある街並みを撮影したとして、それにロゴや会社名が写りこんでいたらサイト側でアウトの判断を下す可能性が高いです。

また、そのような判断の基準は各サイトで公表しているので、それに目を通してからなるべく審査にはじかれないようにしたいですね。

そして、晴れて審査を通った写真は全世界の人に向けて売りにだすことが出来ます。

その写真の値段ですが、自分で決められるところもあれば、サイズによってサイト側が決めた値段で売ってもらう方式をとっているところもあります。

値段は大体、1枚100円から10,000円で売れるところが多いようです。

そこから手数料がとられて、自分の手元に入ってくるのは30%~60%くらいが相場となっています。

さらに、

  • この写真はここだけでしか販売しません
  • 私はこのサイトのみで写真販売を行います

といったルールを決めて売買することによって高い割合で報酬を得られる制度もあるので、

一つのサイトで勝負するのか、複数のサイトで枚数を稼ぐのかというような作戦を事前に練ることも必要になってきそうです。

収益化するには根気が必要!

写真の審査も受かり、値段を決めて売りにだした!さぁ、みんなどんどん買ってくれ!

と思ってはいてもそう簡単にはいかないのが現実の世界もネットの世界も同じです。

同じような気持ちで写真を売買している人は無数にいます。

そのライバルを出し抜いて、売り上げを積み上げていくのは継続と努力が必要です。

まず、写真が売れたとしても1枚分の収益だけを入金してもらうことはできません。

一万円以上になったら入金可能、といった具合です。

それなら一万円になるまで続ければいいだけの話ですが、一万円までの道のりを踏破できるかが勝負になってきます。

サイトにはずっと昔から活動を続けている人がたくさんいます。

着実に実績を積み上げ、人気になっている人もいて、

「この人の写真だから買おう」

という固定客を取り込んでいる実力者がゴロゴロいます。

あなたはその戦場に乗り込むわけです。

販売を開始して一か月で

「一枚も売れなかった~。俺には才能がない。辞めよう…」

と思った人がいるかもしれませんが、そもそもそんな短期間で収益を上げることができるような甘い世界ではないのです。

才能があったとしても最初からバンバン売れる人の方が少ないでしょう。

写真を副業にできている人は誰も最初から〇万円をすぐに稼げたはずではありません。

全く売れず、鳴かず飛ばずだった時代を乗り越えて固定客を作り、着実に副業として確立していったのです。

ですから、皆さんも売れないからと言ってすぐに諦めるのではなく、長い目で見て地道に活動を続けていくのが成功への近道なのです。

まとめ

今回は、写真が好きなサラリーマンの方が副業として写真を生かすには、ということをテーマに始め方についてお送りしてきました。

写真の審査さえ通れば誰にでも販売できるチャンスがあります。

収益化できるまでには時間はかかるかもしれませんが、コツコツ取り組めば趣味を副業できる魅力が満載ですね。

写真好きなサラリーマンにおすすめの副業!購買確立を上げる秘訣

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。