Youtuberだけじゃない!動画編集の副業は本業よりも稼げる!

今、注目を浴びている副業があります!

それは「動画編集副業」です。

  • どんな需要があるのでしょうか?
  • どれくらいの収入を見込めるのでしょうか?

今日は、今、気になる副業動画編集」について解説していきたいと思います。

動画編集の副業とは?

動画編集の仕事とは、読んで字のごとくですが、動画を編集する副業のことです。

映像にテロップや音を追加し、加工をしてつなぎ合わせて、製作者の思いが視聴者へより伝わりやすくなるような1本の動画を完成させます。

 

以前は、専門の映像エディターが行っていた仕事ですが、YouTube動画の手軽さが動画編集の需要を拡大させました。

これからも動画編集のできる人が求められる可能性が高いことから、注目を集めている副業となっています。

 

動画編集はどれくらいの需要を見込める副業か?

それでは、動画編集の副業は、どれぐらいの需要が見込めるかを見ていきます。

 

動画編集の仕事の種類

まず、動画編集の副業には、どのような仕事内容があるかを確認しておきましょう。

  • YouTube動画の編集
  • 企業のサービスや商品紹介動画の編集
  • 結婚式に上映する動画の編集
  • 誕生日や記念日などに上映する動画の編集
  • 送別会など、会社のイベントに使用する動画の編集

 

パソコンやスマホなどの機器が身近になった現代では、ちょっとした会社のイベントにも動画を利用する機会が多くなりました。

小規模な歓送迎会、決起集会や忘年会に動画を放映する企業も増えてきました。

 

ただ、動画編集には時間がかかります。

自分たちで動画編集するよりも、副業として依頼を受けてくれる人に外注した方が手間もかかりません。

数千円で頼めるのならば、利用者もお得と感じることでしょう。

 

企業のプレゼンなどで利用する動画編集はレベルが上がり、クライアントとの出会いがなければ受注することは難しいです。

もし努力が認められ、チャンスが訪れれば収入もアップするかもしれません。

 

ただ一番需要が高いのは、YouTubeの動画編集の副業です。

 

YouTubeの動画編集は需要に陰りが見えない

スマホの普及により、無料で見られるYouTube動画の人気は衰えをみせません。

話題になる動画は誰もが見たいと思います。

話題になるような動画を、いち早く見つけたいと考える学生もいるようです。

 

その動画を作成する側になり、成功すれば大金を得られるチャンスがあります。

YouTubeがこれだけ巨大マーケットにまで成長したのですから、今後も動画投稿は増え続けていくでしょう。

 

多くの動画を投稿したいYouTuberに必要なのが、動画編集の任せられる腕のいい人です。

たくさんの動画を投稿するためには、動画編集の時間はできるだけ省きたい作業、そして外注しやすい作業と言えます。

 

YouTube動画の人気が衰えない限り、これからも動画編集の需要はあり続けます。

そして、今のYouTube動画の勢いを見る限り止まりません。

しばらくの間は、需要があり続けると容易に予想が付きます。

 

動画編集はどんなメリットがある副業か?

次に、動画編集の副業のメリットを見ていきましょう。

 

動画編集の副業は誰でも始めることができる

動画編集の副業は誰でも始めることができます。必要なものは次のとおりです。

  • 動画を編集するためのパソコン(ノートパソコンで持ち歩けるのならば、本業の昼休みも作業が可能)
  • 動画編集ソフト
  • やる気

動画編集に一番必要なのは、本人のやる気です。

動画編集は

  • 難しそう
  • 大変そう
  • 自分にできるわけがない

など最初から諦めている人が多くいます。

 

誰でも最初は初心者です。

難しく考えすぎることで自分自身が勝手にハードルを上げてしまっているんです。

 

最近は、動画編集ソフトがかなり手助けをしてくるようになりました。

慣れればどんどん作業効率も上がっていきます。

動画編集の副業は誰でも開始することのできるメリットを持っていますが、本人のやる気次第だということも忘れないでください。

 

まずは自分が撮影した動画を編集してみましょう。

出来上がった時、誰でも始めることのできる副業だと実感するはずです。

 

マーケットは大きくなる可能性を秘めている

先ほどの需要でも説明しましたが、今後YouTubeが低迷するとは考えられません。

若者のテレビ離れが騒がれています。

そうなると、企業側もCM効果に期待を持つのはYouTubeです。

 

ならば、動画編集を求めるYouTuberがこれから増え続けても不思議ではないのです。

これから通信速度も5Gへと進化を遂げます。

ますますYouTubeへの需要が高まるかもしれません。

動画編集の副業は、今後ますます大きく成長するマーケットと断言できるでしょう。これは大きなメリットです。

 

巨大マーケットYouTube!副業としてどれくらい稼げる?

最後に、動画編集の副業にはどれぐらいの収入が見込めるか確認をしておきましょう。

 

最初に初期投資が必要

動画編集の副業を始める前には、初期投資がどうしても必要になります。

あらかじめパソコンと動画編集ソフトを持っている人は問題ありませんが、持っていない人は購入をしなければ始められません。

 

動画編集の副業となると、高スペックなパソコンが必要です。

スペックを高めれば金額が上がります。

やる気があるのならば、初期投資を惜しまず購入を検討するようにしましょう。

 

スペックの低いパソコンだと作業の手が止まります。

パソコンの動作を待ちながら操作をすることになるかもしれません。

そうすると、本業で疲れたからだに追い打ちをかけ、続ける気力が損なわれる可能性がでてきます。

 

副業を途中で嫌にならないためにも、ある程度高いスペックのパソコンを購入しておきましょう。

ネット副業で稼ぐためのパソコンとデバイスの正しい選び方

 

副業を開始した時の平均収入

動画編集の副業が始められる準備が完了したら、仕事を始めていきましょう。

もちろん、仕事を受注する前に自分の動画を編集するなどし、ある程度のスキルは上げておく必要があります。

 

動画編集の仕事を開始するのに、一番手っ取り早いのがクラウドソーシングサイトを利用する方法です。

ここでは、出来高払いで3,000円~5,000円の仕事が公開されています。

中には、時給1,300円程度で募集している内容もありました。

 

例えば、3,000円の仕事を請け負ったとします。

週に2本の作成スキルが備われば、1週間の収入は6,000円です。

4週間作業をし続ければ、24,000円/月の副業収入を得られると計算できます。

 

これはあくまで始めたばかりの単純計算です。

作業効率が上がり、クライアントとの密な関係が出来上がれば、単価も上がり、仕事の数も増えていきます。

自分の成長が収入に大きくかかわる副業です。

 

動画編集の収入は自分次第

収入は、動画編集の内容により大きく異なります。

動画の質が良く、クライアントの期待に応えることができれば、報酬のアップも期待できるかもしれません。

作業効率が良くなり、1週間で作成できる動画数がアップすれば、それだけ収入も上がります。

 

副業にどれだけの時間を割けるかにもよりますが、

単価が5,000円になり、1週間に3本の作成ができるようになれば、週に15,000円の収入です。

月収は60,000円の副業とまで成長ができます。

 

副業が本業の収入を超えるかも?

YouTube動画の作成以外に、企業からの動画編集の仕事を受注できれば、単価にも期待ができます。

内容によっては1本10万円の編集依頼が受注できるようになるかもしれません。

すべては本人の動画作業のレベルアップと、人とのつながり強化が決め手です。

認められれば、本業の収入を超えるだけの収入を得られる可能性もあります。

動画編集の副業はそれだけの爆発力を秘めているお仕事です。

 

まとめ

動画編集の副業は、自分のスキルアップをしながら行っていくお仕事、自分の実力が上がっていくことを感じながら楽しく続けることができます。

副業に大切なのは、やらされている感を低くすること、作業を楽しむことが必要です。

自分のレベルが上がっていくのを感じるのは、とても楽しいことではないでしょうか。

動画編集は、最初のやる気さえあれば、長く続けられる副業です。

Youtuberも外注?動画編集の副業を募集する3つの方法