Youtube副業で広告単価とチャンネル登録者数を増やす方法

YouTube副業を開始しても、すぐに収入を得られるわけではありません。

投稿した動画を見てくれる人など、再生回数や登録者数を増やす必要があります。

投稿しても見てもくれる人がいなければ、副業として成り立たちません。

そこで今回の記事では、YouTube副業で広告単価とチャンネル登録者数を増やす方法について解説をします。

YouTubeで副業を開始される人は、ぜひ参考にしてください。

Youtubeはサラリーマンの新しい副業のカタチ!稼ぐ仕組みとは

 

YouTubeから広告収入を得るには?

YouTubeで収入を得るためには、その環境づくりが必要です。

絶対に外せないのは、YouTubeパートナープログラムに申し込み承認を得ること

それができなければ副業になりません。

 

YouTubeで広告収入を得るための2つの条件

YouTubeパートナープログラムの審査を通過するために到達しなければいけな2つの条件は、次のとおりです。

  • 過去12カ月における月間総視聴時間4,000時間以上
  • チャンネル登録者数1,000人以上

 

YouTubeチャンネルを登録するのは簡単です。

 

しかし、そこから副業として収入が得られる状態にしなければ副業としての意味を成しません。

登録者数が増えれば、必然的に月間総視聴時間数も増えていきます。

 

YouTube副業は、チャンネル開設が目標ではありません。

上記の2つの条件をクリアし、副業として成り立たせるのが目標です。

 

コンテンツのガイドラインを守る

当然ですが、コンテンツのガイドラインを守る必要があります。

昔のYouTubeパートナープログラムの申請はハードルの低いものでした。

それを厳しく変更した理由は、広告主からの苦言があったからです。

 

YouTube動画の中には、登録者数をどうにかして増やそうとするYouTuberが多く、公序良俗に反した内容のものが増えていった時期がありました。

 

広告が流れた後に、批判が上がりそうな動画が流れる状況をどう思いますか?

広告主として「こんな動画にうちの広告をながすな」と怒りたくもなるはずです。

 

批判を受ける動画がSNSの口コミで上がると興味が集まり、どんなものが見てみたいという欲求が生まれます。

その欲求をついたギリギリの動画、ある意味ギリギリすらも超えた動画の視聴回数はどんどん増え続けたのです。

 

面白いことを考えるよりも、悪いことギリギリの方が構成を考えるのも楽、それがどんどん公序良俗反した動画を増やした原因かもしれません。

 

悪いことギリギリの動画は、マネする人も後を絶ちませんでした。

しかし、そのような状況で広告主が黙っているわけがありません。

 

そこでGoogleは、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを設けたのです。

当然、一度YouTubeパートナープログラムの承認がもらえたから何でもOKではありません。動画は監視されています。

  • 不適切な表現
  • 暴力
  • アダルト コンテンツ
  • 有害または危険な行為
  • 差別的なコンテンツ
  • 炎上目的、侮辱的
  • 危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • 銃器に関連するコンテンツ
  • 物議を醸す問題やデリケートな事象
  • ファミリー コンテンツに含まれる成人向けのテーマ

引用元:広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

こちらは広告掲載に適さないコンテンツです。

内容に抵触するようなYouTube動画を作成しないように注意をしてください。

動画を配信しても「広告表示なし」の判断がされれば、どんなに登録者数が多くても、副業として収入を得ることはできません。

 

YouTube副業で広告単価を増やす方法

YouTube副業を始めるにあたり、広告単価についても詳しくなっておきましょう。

広告単価を上げるなら収入安定にもつながります。

 

広告単価はジャンルによって変わる

広告単価は、配信する動画のジャンルによって異なります。

できれば広告単価の良いジャンルを選ぶようにしましょう。

 

子供向けの動画は残念ながら広告単価は低めの設定です。

お金を支払う決定権がない子供が見る動画なので、仕方ないことかもしれません。

 

逆に投資やビジネスのジャンルは、広告単価が上がります。

お金を自由に払える立場にいる大人が見る動画だからです。

広告主としても、できればお金を支払う人に見てもらいたいと考えることでしょう。

 

さらには、金融系や人材系などの広告単価も良い傾向です。

動画のジャンルは、ターゲットを考えてあらかじめ絞るようにしましょう。

 

万人受けされる動画が理想ですが、その理想にたどり着く可能性は相当低いです。

 

ならば、広告単価の良いジャンルでチャンネル登録者数を増やすことが現実的ではないでしょうか。

広告単価が良いジャンルの中から、自分の得意な内容を選ぶようにしましょう。

登録者数が増えれば広告単価も上がっていきます。

 

再生回数よりも再生維持率にこだわる

広告単価は、人気によって変わります。

先ほどのジャンルや、チャンネルの人気によって異なるのです。

 

そこで注目して欲しいのが、再生回数よりも再生維持率の向上最後まで見てもらえる動画を配信しているかです。

 

再生回数も大切ですが、視聴者がすぐ消してしまう動画に価値はありません。

タイトルに興味があり再生を押したが、内容が不十分だったという状況です。

これではチャンネル登録者数も増えません。

 

例えば、広告のマークが多い動画を見続けたいと思いますか?

副業収入のことばかり考え、動画途中の広告をやたらと増やす人もいます。

 

しかし開いたとたん広告マークがたくさんある動画を、すぐに消す視聴者もいるのです。

この兼ね合いもしっかりと考えるようにしましょう。

 

広告単価アップに必要なのは、面白く興味があり、最後まで見たいと思わせる動画です。

再生維持率を向上させ、広告単価アップを目指しましょう。

 

チャンネル登録者数を増やす方法

広告単価アップも重要ですが、チャンネル登録者数の向上も必要不可欠です。

 

できるだけ毎日動画をアップする

YouTube副業にとって一番つらい内容かもしれませんが、登録者数を増やすため、毎日動画アップを心がけましょう。

視聴した人が動画に興味を持ち、そのYouTuberの新たな動画配信を見たいからチャンネル登録をします。

 

本業をしながら10分以上の動画を配信し続けるのは大変です。

ジャンルを決めたら、土日などの休日に撮り溜めをしておくことをおすすめします。

できるだけ自分の負担にならない方法で行うようにしましょう。

 

そのためには、YouTube動画の制作を自分自身が楽しんでいる状態が必要です。

やらされている思いで作られた動画を面白いと思うでしょうか?

自分が面白くないと思っているもので視聴者を楽しませるのは無理です。

 

毎日アップをするためにも、自分が面白いと思える、もしくは得意とするジャンルを選択するようにしてください。

YouTubeの動画編集を副業に!①カットのやり方

 

クオリティを維持する

チャンネル登録者数を増やすために、クオリティの維持は大切です。

登録者数を減らさないためにも、維持し続ける努力をしましょう。

 

だんだんとアイデアが出づらくなります。

それにより、構成が最初のころよりつまらないと言ったチャンネルはいくつもあるのです。

有名人はネームバリューで登録者数を上げることができます。

 

しかし、YouTubeを副業で考える人に、ネームバリューがあるわけがありません。

 

ならば必要なのは、YouTube動画のクオリティです。

 

そこで大切なのが、クオリティを維持するだけの「アイデア」を出し続けること。

コロンブスの卵的な発想ができれば、きっとクオリティの維持もできるはずです。

尻すぼまりにならないよう、自分が継続できるジャンルを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

YouTube副業にとって、収入を得るための条件達成は最初の難関です。

まずは、登録者数1,000人を突破しなければ収入を得ることすらできません。

何が面白いのか、自分で頭ごなしに決めつけていることはありませんか?

頭が固いままでは良い発想も生まれません。

まずは、いろいろなYouTube動画を見ることから始めましょう。

登録者数の多いものはどんな動画なのだろう?と考えながら視聴をし、普通に楽しんでください。

そこからヒントを得ることもできるはずです。