フィリピンで中古物件を購入するメリット・デメリット!徹底比較

フィリピン不動産を始めるにあたって多く寄せられる質問の一つに、

「新築物件もしくは中古物件、どちらに手をつけるのがいいか?」というものがあります。

日本限定で考えると中古物件の価値は年々下がっていく傾向にあり、反対に「新築物件は値上がりする見込みがあるのでは?」と思う人がほとんどです。

しかしフィリピン不動産の現実はそうではありません。

中古物件の方が新築物件より高く値がつくことがあり、日本の不動産価値とは異なるのです。

今回はフィリピンでの中古物件の価値や日本の不動産市場と違うところ、購入するメリットやデメリットを紹介していきます。

フィリピンで外国人が不動産を購入することはできる?

結論からお話しすると外国人でもフィリピンで不動産を購入することはできます。

フィリピンで不動産を購入する場合、

  1. 「プレビルド」
  2. 「プレセール」

の2種から選択することが多いです。

まず「プレビルド」というのは中古物件以前に建物が建設される前にデベロッパーが物件を販売するという方法です。

それに対し「プレセール」が中古物件のことを意味しています。

中古物件ならではの利点に目をつけて購入する資産家も一定数存在しているのが現状です。

フィリピンと日本の違いはどこに?中古不動産市場という観点から探る

フィリピンは経済的に成長の一途をたどっているのに対し、マニラをはじめとする都心部では新たに土地を開拓するということが難しくなってきています。

新築物件が安易に建てられなくなってきつつある今、ロケーションの良いところに位置している中古物件の方が新築物件より物件価値が高まっていることは想像に難くありません。

フィリピンの中古不動産市場は不動産価格自体が上がってきているので、ロケーションが良好であればそれと相まって資産価値が上昇する見込みです。

そのため、ロケーション良好な場所に建つ中古物件が大変多く、中古物件を目当てに現地をかけずり回るオーナーもいるほどです。

【フィリピンでコンドミニアム投資】マニラとセブならどっちが人気?

フィリピンで中古物件を探す方法

ここでフィリピンで中古物件を探す方法について触れておきます。

まず日本では当たり前に存在している不動産仲介会社がフィリピンにはありません。

それではどのようにアプローチをかけるのかというと、個人的に営業しているブローカーやオーナーなどをあたり、契約取引を行うことがほとんどです。

なので、ブローカーやオーナーが持っている物件を1物件ずつチェックする必要があります。

情報を集めるために

などのサイトで物件を閲覧しておくのも一つです。

ただ、販売価格が市場価格とは異なり高めに設定してある場合もあります。

しかしデメリットだけではなく、価格相場を見極めるのには適切です。

中古物件をフィリピンで購入するメリットとは?

早速ですがフィリピンで中古物件を購入することに対してのメリットを見ていきましょう。

メリット①実際の物件の内観を見てから買うことができる

フィリピンの中古物件はホームページや紙面上だけでなく、現地に赴いて物件の中を見てから購入を検討できます。

この仕組みをRFO(Ready for Occupancy)と呼んでいます。

簡単にいうと、購入を決めた直後から住居として使用が可能だということです。

プレビルドと違って形が出来上がっていないうちから購入を決めて失敗…というパターンが少ないため安心度は高いです。

実際の建物の内観が見られる利点としては、

  • 「セキュリティが万全か」
  • 「日当たりは良いのか悪いのか」

など気になる点がチェックできることが挙げられます。

フィリピン不動産投資では客層に合わせた内装で客付け率アップを狙う

 

メリット②購入したらすぐに不動産運用が可能

中古物件の最大のメリットは、購入が完了したらすぐに不動産運用ができる点にあります。

支払い方法は3種類あって、

  1. 「キャッシュで一括払い」
  2. 「銀行で不動産ローンを組む」
  3. 「レントオウン(Rent-To-Own)」

という方法を取るかのいずれかです。

ちなみに「レントオウン」のシステムの流れとしては、頭金をまず支払います。

その後月額いくらと定めて分割払いを繰り返す方法です。

住宅ローンと似通った部分がありますが、毎月マンションやアパートでも家賃を払うようにレントオウンでも物件が買えます。

分割払いのため長い目で見ると割高なのですが無理なく支払えるので、フィリピンで不動産運用を行う人たちに人気の支払い方法です。

投資効率で言えば新築より中古物件の方が高いため、中古物件投資は個人的に不動産投資を行おうとしている人にも向いていると言えるでしょう。

メリット③お得に中古物件を買うことができる「ラッシュセール」

フィリピンでは中古物件をラッシュセールと名付けて売却を急ぐオーナーがいます。

オーナーの諸事情でラッシュセールが開催されるのですが、良質な中古物件が思いがけない安値で手に入ることもあるので見逃せません。

フィリピンでの不動産市場は日本の不動産システムとは異なりますが、相場価格よりも抑えて購入できるケースもあるため検討する価値は大いにあります。

賃貸以外のビジネスの方法「Airbnb(エアビーアンドビー)」

日本国内では「民泊サービス」と呼ばれる事業がAirbnb(通称:エアビー)です。

さらにわかりやすく説明すると、Airbnbでは住居以外の建物や部屋を他者とシェアするサービスを展開しています。

現在マニラを筆頭にフィリピンの首都圏で旅行に出かける人が急増しています。

レンタルハウスサービスとして知名度を上げるAirbnbは事業拡大の一途をたどる一方です。

中古物件でビジネスを行うのに賃貸以外の選択肢として注目されています。

以下の記事でエアビー運用について解説していますので、ご参照ください。

【検証】海外不動産をAirbnbで運用すると高利回りが狙えるって本当?

中古物件をフィリピンで購入するデメリットとは?

デメリット①プレビルドと比較するとコストがかかる

中古物件の場合、建物が完成してから不動産としての価値が上がり続けているので、プレビルド物件と比較するとコストがかかる印象です。

ただ、高立地物件は大きいリターンも見込めるので、その点も運用計画に含めるといいと思います。

デメリット②キャッシュで一括払いの物件も

中古物件を買うときはキャッシュで一括もしくは短いスパンで支払いを済ませなくてはならないパターンがあります。

デベロッパーや大家さんによってレントオウンで買うこともできるパターンがあります。

デメリット③優良物件はソールドアウトしていることが多い

新しく建てられた物件より立地の面で優れていることが多い中古物件。

都心部に建つロケーション抜群の中古物件だと、いざ買おうとした時には時すでに遅しで買い手が決まっていることがあります。

デメリットとして挙げるには微妙なポイントかもしれませんが、

新しい狙い目の物件が登場するまで時間がかかったり、もしも良さげな中古物件を発見できたとしても入手しづらいことがほとんどです。

まとめ

フィリピンで不動産運用を行うなら中古物件と新築物件のどちらがいいのかということをまとめました。

一般的な考え方だと新築物件の方が中古物件よりも優れ、不動産としての価値もあるような感じがしますがフィリピンでは違います。

中古物件の方が断然買い手が見つかるのです。

これを機に、フィリピンの中古物件投資を始めてみませんか?

ランキング!フィリピン不動産を買う前に調べるべきデベロッパー6選

ABOUTこの記事をかいた人

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。