メルカリに出品して販売を始める前に知っておきたい6つの心構え

前回の記事でフリマアプリ「メルカリ」の魅力をお伝えさせて頂きました。

今回は、そのメルカリに出品し利益を出していく上でいくつかのポイントをお伝えさせて頂きたいと思います。

①複数のアカウント取得はリスクが大きい

メルカリで販売を開始するには、まずアカウントを取得する必要があるわけですが、

アカウント取得自体はアプリをインストールして手順通り進めていくだけでかなり簡単なので詳しい手順は割愛させて頂きます。

アカウントについて知っておいて頂きたい情報としては、SMSで電話番号の認証があるので通常は1つの電話回線につき1つのアカウントしか取得できません。

もしも、複数のアカウントを運用したい場合は家族の端末などを使って別アカウントを取得する必要があります。

ただし、複数アカウントの運用はメルカリの規約違反になり、バレれば利用停止などのペナルティを受けてしまう可能性がありますので、複数アカウントを運用する場合は、こういったリスクを理解して取り組むことが必要です。

②過去の取引での販売価格がすぐにわかる便利なリサーチ方法

メルカリではトップ画面右上の虫眼鏡マークをタップすることで、

  • キーワード
  • カテゴリー
  • ブランド

で商品を検索することができます。

上記の項目を入力すると検索結果が表示されます。

その一覧結果の右上に表示される「詳細検索」をタップし、販売状況を「売り切れ」に設定してから「完了」をタップすることで、すでに販売済みの商品(左上にSOLD)と表示された商品一覧を見ることができます。

つまり、リサーチしたい商品が決まっている場合は、この検索を使うことで過去の取引を見てその商品のメルカリでの相場を確認することができるのです。

リサーチするときのポイント!

自分の商品の価格設定をリサーチする際は、「売り切れ」の商品価格(過去相場)だけではなく、現在出品されている競合出品者の価格も合わせてチェックするようにしましょう。

過去相場と現在の出品状況・価格を合わせて考慮し、自分の出品価格を設定するのがポイントです!

これを怠ると、相場よりも安くたたき売りしてしまったり、反対に高すぎて買い手が見つからないことが起きてしまいます。

③出品時の写真もスマホ撮影で十分映える

メルカリのホーム画面の右下に表示されているカメラマーク「出品」をタップすることで出品ができます。

「出品」をタップするとメルカリのカメラが起動するのですが、ここで撮った写真は端末に保存されないので、同じ商品を再出品したい場合に、写真をもう一度撮影する必要が出てしまいます。

※メルカリではヤフオクのような再出品機能がありません。

なので、写真を撮る際は端末に保存のできるカメラアプリなどを使って撮影し、その画像を出品時に利用することをオススメします。

メルカリの商品画像は正方形なので、その形に合わせて撮影すればOKです。(iPhoneのカメラアプリであればスクエアでOK。)

④商品説明の価値を甘く見ると販売につながらない

スマホで手軽に出品できるメルカリですが、商品説明文はしっかり丁寧に書いた方が販売につながります。

なぜならば、最初の商品説明が簡潔過ぎたり適当だと、見込み客を逃してしまったりあとからコメントで質問されたりと、勿体ないことが多く起こるからです。

説明文は1,000文字以内で書けますので、できる限り詳しく説明の文章を記載しましょう。

商品説明文を書くときのポイント!

スマホで長文を打つのが苦手な方は、evernoteなどのスマホと連動できるアプリを使うと簡単です。

パソコンで文章を作成し、それをスマホでコピペしてメルカリの商品説明文を貼り付けましょう。

そうすれば商品説明文も保存しておくことができるので、再度同じ商品を出品する際にも使い回しができて便利です。

⑤並び順と出品時間について

メルカリのホーム画面では新着順に出品商品が表示されていきます。

SNSで言うとInstagramのタイムラインのような感じです。(最新の写真が上に表示される時系列表示。)

今までメルカリはこの新着順の並びだけだったのですが、最近「並べ替え」機能が追加され、既存の新しい順に加えて、

  • 「価格の安い順」
  • 「価格の高い順」
  • 「いいね!順」

で並べ替えができるようになりました。

ただし、この並べ替え機能は一度検索を行った検索結果一覧でしかできないので、あくまでもデフォルトの並び順は「新しい順」ということになります。

ということは、見込み客の方が一番見てくれている時間帯、例えば夕方から夜にかけてなど、出品商品ごとのターゲットに合わせた時間帯に出品することで、より多くの方の目に触れる機会が増えるわけです。

多くの人の目に触れる機会が増えればアクセスも増え、商品が売れる確率が高まるというわけですね。

ヤフオクのオークション終了日時の設定と同じように、メルカリの出品時の時間帯も意識してみてください。

⑥コメントへの素早い返信は購入確立を上げる

メルカリでは出品した商品について質問や値下げ希望があると、コメントという機能でメッセージが送られてきます。

メルカリは特殊なプラットフォームでSNSのようなタイムリー性があるので、素早く受け答えをすることで購入して頂ける確率がグンと上がります。

できるだけ素早い対応を心がけましょう。

また、その際も丁寧な言葉遣いを心掛け、決して横柄な言い方やぶっきらぼうな言い方は避けるようにしましょう。

まとめ

以上がメルカリ販売におけるポイントです。

メルカリ自体はそんなに複雑なアプリではないので、ある程度手間はかかりますが、こういった販売時のポイントを抑えさえすれば決して難しい作業ではありません。

そして、効率化を図ることさえできれば、かなりのポテンシャルを秘めているプラットフォームだったりもします。

商品によってはヤフオクよりも高く売れる物もありますので、まだ使ったことがないという方も一度試しにメルカリで販売を行ってみてくださいね。

リサーチして他のプラットフォームの相場と比較してみると、相場の違いにビックリするはずです。

メルカリで売れる商品を絞り出すワンタップリサーチ方法「検索条件の保存」

ABOUTこの記事をかいた人

佐野正一

一般社団法人日本副業推進協会 代表理事 北海道札幌市出身 専門学校卒業後、物流倉庫会社に就職 連日深夜まで働く過酷な勤務や低賃金の現状を打破するため、副業でEコマースビジネスを開始 長男が誕生したことを機に、仕事だけでなく家族との時間を大切にするため23歳で独立 副業で行っていたEコマースビジネスを本業として活動する傍ら、 セミナーでの講演やビジネスコミュニティにおいて副業に関する指導を行い多数の成功者を輩出