フィリピン不動産投資セブの厳選コンドミニアム③ガレリア レジデンス

今日はフィリピン セブの厳選コンドミニアム情報第3弾です。

今日ご紹介する物件は、まさに最近売り出しが始まったばかりのコンドミニアムなのでかなりおすすめです!

Galleria RESIDENCE/ガレリア レジデンス

ガレリア レジデンスはフィリピンの大手デベロッパーロビンソンズ・ランドが開発を進めているコンドミニアムです。

ロビンソンズ・ランドは、フィリピン最大の航空会社「セブ・パシフィック航空」などを傘下に収める「JGサミットグループ」の一員として、住宅やオフィスビル、ホテル、ショッピングモールなど、フィリピン全土で開発事業を推進している大手デベロッパーです。

開発実績の多い大手デベロッパーが開発しているということもあって信頼性の高い物件ですね。

またこの「ガレリア レジデンス」はロビンソンズ・ランドがセブ市内の中心で開発している大型複合開発エリア「Robinsons Galleria Cebu Complex」の一角に開発しており、

総敷地面積4.6ヘクタールの敷地内には、大型ショッピングモール「ロビンソンズ・ガレリア・セブ」(2015年末オープン)や「サミットホテル」がすでにオープンしており、オフィスビルも誕生予定になっています。

ショッピングモール直結なのでかなり利便性の高い物件です。

そのため、実はすでに販売されているガレリア レジデンスのタワー1(全240戸)は完売状態だとか。

でも今日ご紹介するのは今月販売が開始されたばかりのタワー2(全352戸)です!!

完成予定は2021年末なので、完成はまだちょっと先ではありますが、でもタワー1同様、タワー2もかなりの人気物件になることが予想されています。

しかもタワー2は今が本当に買い時で、2017年11月30日までに契約・購入した場合、特別割引5%が提されます。

気になる間取りは?

下記の間取り図は一例です。

気になる価格は?

階によって値段が違うので、参考までに、コンドミニアムの中で一番低層階の6階と一番高層階の14階の価格表を載せてみます。

≪6階の価格表≫

≪14階の価格表≫

タワー1と比べると若干価格が高く設定されていますが、今後、建物完成に近づくにつれ物件価格がさらに上昇することが見込まれるので、かなり期待の物件ですね。

海外不動産投資としてセブの魅力とは?

でもなぜこんなにもセブ海外不動産投資がおすすめなのでしょうか?

その理由のひとつには物価の安さがあります。

セブ島の物価は日本の約半分以下なので、月10~13万円程度で日本にいるよりもワンランク上の生活を送ることができます。

物価が安いけれどもアジア屈指のリゾート地。

そのため世界からの注目度も高く、プレビルド購入してキャピタルゲインもインカムゲインも狙うことができる魅力的な国と言えます。

いかがでしたか?

今日は今が買い時のフィリピン セブの厳選コンドミニアム情報第3弾でした。

では第4弾でまたお会いしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

末吉謙佑

株式会社ESPRIM 代表取締役 千葉県千葉市出身 大学卒業後に証券会社に入社 株式運用部門にてディーラーとして活躍 在職中に副業で、海外不動産投資を開始 会社員時代は、パワハラやみなし残業など理不尽な環境での激務に耐え、入社3年目に独立 現在、株式運用、海外不動産投資、アパレル事業、サプリメント事業を展開 会社に依存せず、副業を通して金銭面だけでなく時間的にも豊かな生活を送れる人を増やすための活動実施