FXは副業としてあり?なし?FXを始めるための基礎知識

今、サラリーマンの平均年収もなかなか上がらず、副業を始めたいという方々がたくさんおられます。

様々な副業がありますが、まずは投資を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

投資といえば代表的なものは株取引ですが、これは初めにまとまった資金を準備する必要があり、サラリーマンの副業という意味では、なかなか参入障壁が高くなっています。

そんな中で、副業としFXを始めたいという方が最近非常に多くなっています。

FXは株と違って少額から始められますし、レバレッジという制度を利用することで大きく利益を出すことも可能です。

そんな魅力的なFX取引に関して具体的に解説していきます。

FXとは?

FXとは、英語でForeign exchange、日本語で外国為替証拠金取引と言います。

外国為替取引とは、簡単に言えば国外の通貨を買ったり売ったりする行為のことを言います。

例えば有名なところで言えば、円でドルを買ったり、円でユーロを買ったりすることができます。

海外旅行の際に皆さん、旅行先で使うためにドルやユーロを買ったりしていますが、本質的には同じことです。

しかし、一般的に言われるFX取引というのは、この外国通貨を売り買いすることで、利益を生み出す行為のことを指します。

なぜ、この外国通貨の売り買いで利益を得ることができるのでしょうか。

ドル高とか、円高、という言葉がニュースで流れるのを聞いたことはあると思います。

例えば、ドル円という通貨同士の価値は、その時々に応じて変動するのですが、円に対してドルが高くなればドル高円安ですし、逆に円に対してドルが安くなれば円高ドル安、となります。

この価格変動を利用して利益を上げることが可能になっているのです。

具体的には、例えば1ドル100円の時に1万ドルを日本円100万円で購入したとします。

そしてうまく1ドル110円に上昇した時にこれを売却すれば、購入した1万ドルは日本円にして110万円となって両替されますので、差額10万円の儲け、となるわけです。

また、初心者には初めは理解しにくいですが、高い値段から売りで入って安くなったら買い戻すという逆のパターンでも利益を生み出すことができます。

例えば1ドル100円の時に1万ドルを売ったとします。そしてうまく1ドル90円に下落した時に買い戻せば日本円にして10万円の儲けとなります。

株取引では原則、株の値段が上昇する時に利益が出る仕組みになっているのですが、FXではこのように、相場が上昇しても下降しても、差額を取ることで利益を生み出すことができるのです。

これが副業FXの好まれる理由の一つです。

FXのリスクとは?

このようにFXはうまくやれば利益を生み出すことができます。

しかし投資ですので当然負けるリスクはあります。

例えば1ドル100円の時に1万ドルを日本円100万円で購入したとします。

しかし思惑に反して1ドル90円に下落してしまえば、購入した1万ドルは日本円にして90万円となって両替されますので、差額10万円の損、となってしまうのです。

ここまで聞いて、株と違ってFXは少額から始められると聞いたのに、最初から100万円の資金なんて用意できない、という方も多いと思います。

ここで、初めに紹介したレバレッジという仕組みがうまく効いてきます。→FXにおけるリスク管理とは?始める前にレバレッジを理解しよう

レバレッジ、とは日本語でテコ、という意味です。これは、テコの原理と同様に、少額の資金で大きく取引ができる、ということです。

少しややこしいので、具体的に説明します。

例えば、米ドルを1万ドル購入しようとした場合、その時のドル円通貨レートが1ドル100円だった場合、日本円で100万円が必要になるはずです。

しかしFXにおいては、このレバレッジという仕組みを使うことで、より少ない資金で1万ドルを購入することができてしまうのです。

国内FX取引口座ではレバレッジ25倍という規制がありますので、必要資金の1/25を用意できれば通貨を購入できることになっています。

すなわち、日本円にして4万円を用意出来れば、1万ドルを購入する事が出来ます。

これを必要証拠金といい、それぞれのFX口座や通貨ペアによって多少必要な金額は異なりますが、国内では概ねレバレッジは25倍に設定されています。

近々、このレバレッジが10倍に規制されるという話題がありますが、それでも本来必要な資金の1/10で取引が可能なのです。

海外口座だと、場合によっては100倍以上のレバレッジをかけることができるようになっています。

これがFX副業の最大の魅力なのです。

しかし、最大の魅力は大きなリスクを伴うことになります。

具体例で示しましょう。

例えば、ドル円通貨レートが1ドル100円の時に米ドルを1万ドル購入しようとした。

しかし資金は本来必要な100万円が用意できなかったので、レバレッジ10倍となる10万円で1万ドルを購入したとします。

うまく1ドル110円に上昇した場合、10万円の利益となりますが、逆に1ドル90円に下落してしまった場合は、一気に資金の10万円を失ってしまうのです。

これはFXのリスクであり、認識しておく必要があります。

FXの始め方

まずは、FX口座を開設しなければいけません。→おすすめFX口座ランキング 初心者向けのFX会社4社を徹底比較!

国内、国外、様々なFX口座が開かれていますので、自分の好みに応じた会社を選択しましょう。

国内でいえば、それほど大きな違いはないのですが、スプレッドと言って取引の際の手数料が少し違ったり、取引できる通貨ペアの数、種類が異なったりしています。

また、前述の必要証拠金も各口座により細かく違いがあります。

口座開設は、今はほとんどインターネット上で手続きができますので、さほど手間はかかりません。

必要な書類は個人が証明できる運転免許証、最近はマイナンバーの証明書を提出する必要がある場合もあります。

無事に口座が開設できればいよいよ取引開始となりますが、いきなり自分の資金を投入するには少し不安がありますよね。

ですので、多くのFX口座では本当のお金を使わなくても、デモトレードという仕組みがあり、架空のお金で実践することが可能なのです。

このデモトレードは取引のやり方、注文方法は実際のリアルトレードと全く同じ方法になっています。

取引はパソコンで、あるいはスマートフォンでも簡単に取引可能であり、ここで各通貨の売り買い、決済ほかあらゆる注文が可能になっています。

スマホで取引は完結するので、出かけ先など24時間気楽に取引が可能なのです。

お勧めは、デモトレードで一通りの注文、操作方法に慣れておけば、実戦でも不安なく始められるので良いでしょう。と

そしてデモトレードである程度感覚がつかめたら、いよいよ実践開始します。

FX口座に資金を投入し、その資金の中でトレードをしていくわけですが、前述のように資金の範囲内で取引できる量は決まってきます。

FXの基本取引単位は1ロット、あるいは1枚と言いますが、これは1万通貨という単位で示されます。

1万通貨とは1万ドルを意味し、例えば1万ドルを買いたいと思えば1ドル100円のレートであれば日本円で100万円が必要になります。

しかし、前述のようにレバレッジを利用することで少ない資金で取引可能であり、さらに言えば、最近は裁定取引単位が1000通貨、1000ドルから可能なFX口座や、さらに少ない通貨単位でも取引可能な口座がたくさんあります。

ですので、まずは少額から開始することで副業FXを始めるのが良いでしょう。

まとめ

FXは少額からも始めることができるので、副業として始めやすいジャンルかもしれませんが、株的要素も含みますのでメリット・デメリットが存在する、ということでした。

ですので、知識が曖昧なまま始めるのはリスキーであると言えるでしょう。

しっかり下調べをして知識を蓄えることや、初めから大口の投資をしないことが大事かもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。