日本と海外FX口座の違いは?レバレッジ800倍もあるの?!

副業、あるいは本確定な投資として外国為替証拠金取引(通称FX)を始める方も多いと思います。

取引を始めるためには、まず資金を運用するための口座を用意する必要があります。

FXは世界中で取引が行われていますので、日本国内だけでなく海外口座もあります。日本でも海外口座を開くことが出来ますし、その口座をベースに資金運用することも可能です。

これから、海外FX口座に関して解説していきます。

海外FX口座と日本のFX口座の違い

最大の違いはレバレッジ規制です。

レバレッジとは日本語でテコという意味で、テコの原理と同様に少額の資金で大きく取引ができるシステムです。

国内では現在、金融庁の指導によりレバレッジ25倍規制になっており取引に必要な必要証拠金は、取引量の1/25で可能になっています。

ところが、海外口座であれば平均レバレッジは400倍になっています。

具体的には100倍から場合によっては3000倍ものレバレッジをかけることが許されている口座もあります。

つまり、持っている資金の100倍から3000倍の取引が出来るということです。

これだけのレバレッジをかけてトレードすれば、小額の資金で効率よく運用し大きく利益を得ることが可能になります。

これはうまくいった場合ですが、逆に言えばリスクも非常に高く、ほんのわずかの価格変動で資金が無くなってしまうこともあります。

そういう意味で、国内業者は25倍というレバレッジ規制を実地しておりこれはある意味で投資家を守るためとも言えます。

このハイリスクな取引を行えるようにするために国内口座とは様々な違いがあります。

ロスカット基準

ロスカット基準とは、投資家が持っているポジションがある一定の含み損を抱え、投入している資金がなくなりそうになる前に、口座会社が強制的に決済してしまうシステムです。

国内では証拠金維持率が100%を割るとロスカットがかかるようになっている口座が多いのですが、海外口座での証拠金維持率は平均40%、口座によっては証拠金維持率0%まで強制決済されないところもあります。

追証制度

これは、投資家の持っているポジションの含み損が膨らみ、口座の資金が強制ロスカットの基準に近づいてきたときに、資金を再投入することでロスカットを避ける制度です。

日本の多くの口座ではこの制度が採用されているのですが、海外口座ではハイレバレッジトレードが行われるのでこの追証制度が採用されていません。

強制的にロスカットされますが、逆に口座に投入している資金以上に損失を被ることはないと言えます。

ハイリスクトレードの行われる海外口座では必須のシステムと言えるかもしれません。

海外口座のメリット

上で解説したように、小額の資金で大きく利益を狙えるのが海外口座のメリットです。

ハイリスクでも大きくリターンを狙いたい投資家にとっては非常に魅力の口座と言えるでしょう。

また、これは海外口座特有のサービスですが国内の金融の法規制を受けないため、ボーナスのような制度があります。

口座を開設した時にキャッシュバックを貰えたり(これは国内口座でも用意されていることがあります)、証拠金として入金した額と同額の証拠金の上積みがされるサービスもあります。

しかし、現金として引き出すことはできないため、あくまでトレード資金として運用するということが前提条件にはなります。

また、コンテスト形式のトレードに参加していい成績を残せば賞金が出るというインセンティブもあります。

そして、取引オーダーを出した時に、その取引が約定(やくじょう)されるまでのスピードが国内口座よりも海外口座の方が圧倒的に早く設定されています。

つまり、取引したい価格から大きく離れることなくピンポイントで売り買いができます。

ちなみに私はミルトンとFXDDで取引しています、とても快適に取引しております。レバレッジ800倍まで取引できますが、もちろんリスクを抑えてトレードおります。日本同様にスマホのアプリで簡単に取引出来ます。

取引ツール

国内口座では各業者が独自の取引ツールを開発し、それぞれに特徴があります。

そのため、口座を開設する度に、その会社の操作方法に習熟する必要があります。

しかし海外口座では主にMT4(メタトレーダー4)というシステムを採用しており、それで一本化しています。

MT4は、FX取引ツールとしては最も優れたものの一つで非常に使いやすくなっています。

このMT41本化していることで、ツールの使い方に右往左往する必要はなくスムーズに取引を開始することが出来ます。

ゼロカットシステム

これは、上で解説した追証を求められないシステムです。すなわち、海外口座を利用する個人投資家は自分が投入した証拠金を超える損失を抱える心配がないということです。

つまり、借金を追うことがなく投資家保護の観点からすればメリットと言えるでしょう。

海外口座のデメリット

これは海外口座のメリットと相対的なものですが、ハイレバレッジでトレードできることがデメリットになることもあります。

まずは、当然ながら少しの価格変動で資金を失ってしまうリスクが高いということ、

通常のトレードであれば得られるスワップポイントがマイナスになる場合もあるので、特にスイングトレードのような長期ポジション保有をする投資家にはあまり向いていないかもしれません。

次に、国内口座では非常に狭いスプレッドという手数料が、海外口座の場合広く設定されています。

例えば、国内口座であればドル円のスプレッドは多くの場合、0.3銭前後に設定されていますが、海外口座の場合、同じドル円でも1銭前後に設定されていることが多く、この手数料分がトレード全体の成績に響いてきます。

そして、海外口座なので、国内と同じように簡単に自分の国内銀行口座にお金を送金出来ないとうデメリットがあります。

国内のFX口座であれば、出金オーダーを出せば即日に自分の銀行口座に振り込まれますが、海外FX口座の場合は数日のタイムラグがありますので、スムーズに資金運用したい投資家にとっては少し手間になるでしょう。

また、口座への送金の際に手数料が数千円かかることが多く、利益から手数料分コストとして考慮する必要があります。

特に少額でFX取引を楽しんでいる方にとっては、この数千円のコストが大きな痛手になってきます。

そして、国内のFX口座は金融庁の指導のもと信託保全義務がしっかりしており、その業者が仮に破綻したとしても自分の資金は返ってくるシステムになっています。

しかし、海外FX口座はこうした厳しい統一ルールはなくあくまで努力義務ですので口座によっては破綻した場合、自分の資金が戻ってこない可能性もあります。

ですので、利益が出た時にはこまめに自分の口座に送金しておくことをお勧めします。

海外口座における納税

国内口座と同様に海外口座でFX運用したとしても当然納税義務があります。

国内FXの運用益は、所得分類としては雑所得という分野の収入になります。

雑所得とは、趣味や副業で得たお金と考えるとわかりやすいと思います。

給与所得者であれば年間20万円以上、非給与所得者であれば年間38万円以上の利益があれば納税義務が発生し、これは国内の基準になっています。

海外口座では、総合所得課税になりますので自分の本業の給料、FXの運用益、もし他に副業で収入を得ているのであれば、それらも総合した総収入に対して税金がかかります。

もう一つ、国内口座との大きな違いは税率です。

国内であれば投資利益にかかってくる税率は20.315%と一律でどれだけ運用益が大きくなっても税率はかかりませんが、海外口座では累進課税制度を取っています。

すなわち、自分のすべての収入を総合した額に応じて税率が高くなるのです。

総収入 税率
195万円以下 15%
195万円から330万円以下 20%
330万円から695万円以下 30%
695万円から900万円以下 33%
900万円から1800万円以下 43%
1800万円から4000万円以下 50%
4000万円以上 55%

 

これだけ、リスクをとって取引して利益の半分を税金で取られるのは辛いですよね。私は海外の法人でFXを取引しているのでこちらの税金はかかりませんが、日本居住者は海外法人を作るだけで日本の税金を逃れることはできません。最初は日本で個人としてしっかり納税するのが一番良いかと思います。

最後に

以上、国内FX口座と海外FX口座との違いについて説明してきました。

どちらもメリット、デメリットがありますので自分のトレードスタイルに応じて選択しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。