FX性格別手法診断!自分に向いているFX手法とは?

FXをしていると色々な取引手法がでてきますよね。

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード

などのトレードの期間の違いから、

  • 移動平均線のゴールデンクロス
  • デットクロス
  • ボリンジャーバンドの逆張り

など様々なものがあります。

ネット上には独自で作られたインジケータや自動売買システムが情報商材として販売されているので特に迷ってしまいます。

それでは一体、「自分に向いている手法」とは何なのでしょうか?

自分に向いているFX手法の探し方

FXをやっている人には様々な生活状況があり、専業でやっている人もいれば本業の合間にやっている人など生活スタイルは様々です。

FXをやるからには「勝つ方法」で取引を行いたいと思うのが普通なので「勝率90%」や「年間獲得10000pips」等の広告を目にしますがまず考えてみましょう。

果たしてその手法は順張りなのか逆張りなのか、また1日のいつの時間に取引をするものなのかこれがわかっていないとその商材や手法を生かしきれず「勝てない」手法となってしまいます。

それではトレードスタイルと自分の生活状況に合わせて「FXの取引手法」についてみていきましょう。

「スキャルピングトレード」に向いている性格とは?

スキャルピングトレードとは秒単位の時間で利益を取りに行くスタイルで小さな利益を積み上げていく手法のことです。

少ないpipsと多くの取引回数でせめる為、基本的にはチャート画面にずっと張り付いてトレードを行うことになります。

皆さんがよく想像するトレーダーに一番近い存在ではないでしょうか。

スキャルピングトレードでは小さな利益を積み上げる取引ですので一気にどかんと稼ごうと考えている人には向いていない手法となりますが、小さな利益をちゃんと認めることができ、マメな人にはあっている手法といえます。

また数秒単位の戦いとなり、相当な集中力が試されるのですぐに飽きてしまう人や物事への興味が移ろいやすい人にとっては向かない手法といえるでしょう。

そして一番問題となるのが「利益確定」と「損切り」になります。

他のトレード方法では損切りを逆指値でおいたり利益確定をトレール注文でだしたりと様々な注文が可能ですが、スキャルピングトレードではこれを大体の場合は手動でやらないといけません。

この「利益確定」と「損切り」が人間には大変難しく、どうしても「このまま上がるのではないか」や「少し損失出たけど戻ってくるだろう」という甘い考えがでてきてしまいます。

頭によぎったこの「甘い考え」を押し殺して機械的にトレードをしないと大損失を被ってしまう為、感情が豊か人には向かない手法といえるでしょう。

しかし感情的にならず淡々と自分の手法に基づいてトレードを行える人にとってはとても有用な手法であり、自分の口座残高も着実に上げていくことができるので楽しい手法であることがいえます!

「デイトレード」に向いている性格とは?

デイトレードとは1日の中でポジションをもち決済するというやり方のことです。

FXでもっとものポピュラーな手法であり、多くの投資家がデイトレードをよく好む理由は損益が1日で完結するのでメンタル的にもやっていて楽しいからだと考えられます。

また1日の時間の中でずっとチャートをみていなくても良い手法でもあり、副業としてデイトレードを行っている人が多い反面、専業としてデイトレードをおこなっている人もいるので、ある意味万能な手法といえます。

投資全般にいえることなのですが「せっかち」人はデイトレードには向いていません。

FXは24時間市場が空いているのでいつでも利益をとることができると勘違いする人がいるかもしれませんが、統計的に勝てるポイントをしぼっていくと案外エントリーチャンスは少ないものです。

そのため、せっかちの人はエントリーチャンスでもないのにエントリーできると感じてしまい無駄なエントリーをして自滅という方が非常に多いです。

そのためデイトレードも自分の感情に流されずトレードができる冷静な人が勝てるといえます。

「スイングトレード」について 向いている性格とは?

スイングトレードは日をまたいで行うトレード方法でゆったりと構えることができることが最大のメリットとなります。

スキャルピングトレードやデイトレードでは相場のノイズが激しい為、冷静にたんたんと作業をすることが求められていましたが長期足となるとそのような相場のノイズも少なく自分の手法通りにトレードがしやすくなります。

しかし上記の二つの手法よりも損切り幅が大きくなってしまうため、損益結果をのぞいた際憂鬱な気持ちになってしまう性格の持ち主だとこのスイングトレードはむかないでしょう。

短期の損益の増減に自分の感情が左右されずにトレードできるのであればスイングトレードは相性の良いトレード方法といえます。

「長期トレード」に向いている性格とは?

ここでようやく「せっかち」な人が一番やった方がよいトレード方法をご紹介したいと思います。

せっかちなのに何故長期トレードがいいの?と疑問に思う人が多いかもしれませんが、せっかちだからこそトレードをしていることすら忘れる程度の長期をするのがオススメです。

「あれ、投資していたな…」というレベルであれば無駄なポジションをもつこともありませんし、利益確定も損切りも気にする必要がありません。

大体の人がFXを始めてしまうとそれに気になってしまい本業が手につかなくなってしまう人がほとんどですが、自分がトレードをしているという事実を忘れると不思議とうまくいくものです。(ここで言う「忘れる」とは当てずっぽうに予想してほっとくという意味ではありません)

また、初心者にとても有効な手法であり負けた時に更に損失を増やすというリスクがなくなります。

よくFXで何10万もの借金を負ったなど様々なネガティブな情報が溢れていますが、それは「うまく損切りをおこなうことができなかった」ことにあります。

最後に

自身の性格によってどのトレード方法が合うのか考えさせられますね。

やはりFXをやっている人は勝ちたいと思ってトレードしていると思いますが、その気持ちが負けにつながってしまうことが往々としてあります。

自分の性格とあっていない手法を用いてそれがストレスとなりFXで負けてしまってはもともこもないですからね!

どのような分析方法をとるのかも大事ですが、自分に合っているトレードスタイルがなんなのかもしっかり見極めながらトレードしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

岩井 隆史

投資家 大阪出身 両親が海外転勤が多かったため、幼少期から海外で生活。 日本と海外での働き方の違いを感じ、会社に依存しない生き方を提唱。 株やFX、不動産を中心に投資家として活動。